【コロナ太り】自粛中に太ったらまず食生活から見直そう

 

超久しぶりの更新ですw

コロナウイルスの影響で世界は大変なことになってしまいましたね・・・。

自粛生活を強いられる中で、以前の自分よりもふっくらしてしまった・・・と言う方がいるのではないでしょうか?

と言うことで今回は自粛中に肥満なってしまった方へ向けて、食生活の見直しを勧めたいと思います!

栄養バランスを考える

PFCバランスという言葉がありますが、いわゆるタンパク質、脂質、糖質のバランスのことです。

関連記事:

このバランスを考えた上で食生活を見直すことが最も大切なことです。

例えばこちらの写真を見てもらうと分かる通り、だいたい米250g、鶏肉300gその他スープやおかずもろもろで

栄養素の数値で換算すると・・・・

炭水化物・・・約92g

タンパク質・・・約60g

脂質・・・10g?それくらいかも

このぐらいの値になります。

このように、毎食毎食どの栄養素を、どのくらい摂っているかを把握しながら食生活を営むことが大切です。

糖質は糖質でも質を気にすること

米とパン、ジュースの清涼飲料などは同じ糖質ですが、どちらの方が太いやすいかというとパンです!

関連記事:糖質は太るという誤解|太らないように糖質摂取しよう

厳密に言うと、体に吸収される時間が違うので、血中に流れて行く糖分の量が変わってきます。

パンを食べると吸収が早いため、血糖値が高くなってしまい、脂肪を生成してしまう要因となるのです。

逆に、お米などの食物繊維が含まれている食品は、ゆっくり吸収されるため、同じ量を食べていても脂肪になりにくいのです。

糖質+食物繊維=炭水化物

太りにくい糖質食品

カボチャ
サツマイモ
バナナ
玄米や麦ごはん

タンパク質なら栄養+コスパ最強の鶏胸肉!

タンパク質を摂取するのであれば、圧倒的に鶏胸肉が安くて栄養もしっかりと摂れるので、オススメです。

脂質も少なくて疲労回復、抗酸化作用、脳機能の向上、夏バテ予防などの効果があり、ぜひ肉ならタンパク質は胸肉から取るようにして下さい!

正直なところ、筋トレをしている人にとっては鶏胸肉やささみなどは、トラウマで喜んで食べている人はそういないはずですw

僕なりに工夫した鶏胸肉の美味しい食べ方があるので、ぜひ読んで見てください。

関連記事:胸肉・ささみに飽きた?まずい?でもこれなら美味しく食べ続けられる!

一日で全体のバランスを考えた食事を心がける

ここまでお話ししてきましたが、一食でPCFバランス必ず意識することが出来ればベストなのですが、生活の中で難しい状況もあるでしょう。

ですから、一日の中でのトータルで、このPFCバランスのバランスを摂ること、同じ栄養素にしても質の良いものを食べることを意識してみてください。

 

また、コーヒーや緑茶を飲むことで脂肪を燃焼させやすくする状態を作ることもできますし、ジュースよりも冷水を飲むことで代謝を上げてカロリー消費を増やすことなど、生活の中でちょっとした工夫をいれることによって、この自粛期間中に肥満になることを防止することができます。

他にも色々な情報を発信していますので、あなたのダイエットライフにこのブログをぜひ活用してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください