運動前に食事をするかしないかで効果は変わる。ちゃんと食べるべき

 

皆さんは、運動の前にはしっかりと食事を摂っていますか?

いくら痩せたいからといって、運動前に食事をしなかったりすると、デメリットが多いです。

今回は、運動前の食事と、何を食べたらいいのか、何分前に食べればいいのかについて解説していきます。

運動前に食事をしなかったら

体を動かすのには、エネルギーが必要ですが、運動をする場合には、運動するためのエネルギを摂っていなければなりません。

つまり、13食の人がいれば、運動するときには4食ということになります。

もし、体にエネルギーがない状態で運動をするとどうなるのか!?

脂肪が減ると考えるのが普通なのです、実は脂肪だけではなく、体の中のあらゆる栄養素、ビタミン、ミネラルも一緒に減っているのです!

そして、空腹状態でのトレーニングは集中もできず、事故や怪我のリスクが高まってしまうのです。

こういう状態になれば、免疫力は下がり体調を悪くする恐れがあります。

筋肉も成長せず、それどころか運動中に副官皮質と呼ばれるホルモンが分泌されて体の筋肉がエネルギーとして分解されて、筋肉を増やすための筋トレが筋肉を減らしてしまうことになります

運動前に食べるのに最適な食品と食べる時間

では、何を食べたら良いのでしょうか?

 

オススメの食品

バナナ

おにぎり

パスタ

プロテインがあるなら、プロテイン+バナナ、などがおススメです。

※冒頭ではラーメンが貼られていますが、ラーメンお勧めできません。ただ、僕は筋トレ前のラーメン+コーヒーが大好きです。

関連記事:運動前には2本のバナナを食べるだけで十分過ぎる。気になるダイエット効果は?

 

食べるタイミングですが、運動の約1時間前に食べること。

ただ、おにぎりの場合には、運動90分前程度でいいでしょう。

食べたものが消化されて、血中に糖分が行き渡った時が、一番運動パフォーマンスが高まる時です。

オススメ!運動前のコーヒーは最適

運動前にコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果が上がり、またカフェインによって集中力が高まるので非常にオススメします

ですが、運動前に食事をすることを忘れないでください!!

関連記事:コーヒーを運動前に飲むとダイエット効果を加速させパフォーマンス向上にもなる

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください