この記事は約11分で読めます。

バターコーヒーのデメリット・リスクを知っておこう!効果を発揮させるにはかなりの…

バターコーヒーとは、その名の通り、コーヒーにバターやココナッツオイルまたはMTCオイルを加えるだけで作れるコーヒー。

摂ると太るんじゃないか?と思いますが、このバターコーヒーを朝食にすることで空腹感が抑えられ、脂肪が燃焼されるようになり、ダイエットが可能なのです。

このダイエット方法を開拓したデイブ氏は、体重140kgから50kgの減量に成功したそうです。

 

坂本

ちなみにこの人、超大金持ちの超肥満体だったらしく、ダイエットのために物凄いお金をつぎ込んで確実に痩せる方法を見つけ出したそうです。

また、覚えていてほしいことは、このデイブ氏はバターコーヒーと並行して、色んな食事制限や栄養管理を徹底していたということです。

彼は大金持ちですから、もともと同じ土俵ではなく、かなり有利な立ち位置でダイエットが出来たわけです・・・(僻みではなく

 

 

バターコーヒーのメリット

美味しい(?)から続けられる

腹持ちが良くてお腹が空かない

腸内環境を整える?

朝ごはんの支度の時間が短縮される

 

近年ファミリーマートなどのコンビニでバターコーヒーが商品化され、カフェなんかでもバターコーヒーを見かけるようになりました。

今回は、完全無欠とも言われるバターコーヒーについて、デメリットとリスクを見ていきたいと思います。

坂本
完全無欠なるものなどこの世にはないーーー。

「バターコーヒー」の基準の高さ

まず、目指すべきは本書「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

書かれておる通りのバターコーヒーを心がけなければなりません。

品質の良いもの、オーガニックのものを使う必要があります。

バターコーヒーを作る際の材料には、ただのバターではなく、グラスフェッドバターという種類のバターを使う必要があります。

牛に牧草のみを与えることで高品質なバターが出来上がるそうで・・・

スーパーなどで売られているハーフ1 /2バターなど、こういう物は全く効果がありません。

グラスフェッドバターの他に、ケリーゴールド・ピュア・アイリッシュバターニュージーランド産「アンカー・バター

が使えると書かれていましたが、どれも見たことの無いものばかりでした・・・。

私たちがバターと考えると「雪印北海道バター」ですが、これですらバターコーヒーの基準には至らないのです。

これらのバターはAmazonを検索すればとりあえずは出てきました。

グラスフェッドバター

ケリーゴールド・ピュア・アイリッシュバター

 

ニュージーランド産アンカー・バター

これらのバターを手に入れなければ、そもそも本で言われているバターコーヒーの効果を得れるかどうかは分かりません。

補足:牛が口にする物によって、牛から採れる乳や、肉質そのものが変化してしまうため、品質にこだわらないとバターコーヒーを飲んでも効果は得られないということです。

思い出してください、デイブ氏は大金持ちだったので、高品質な物や海外産のものなど、いとも容易く手に入れてしまうのですが、バターコーヒーに必要なバターはなかなか高いです・・・。

探せば安いものも見つかるのはもちろんですが、Amazonで調べたところ、なかなかの値段で特にAmazonプライム会員でも送料がかかってしまうので表示価格+1000円(送料)と見積もった方が良いでしょう。

MCTオイルもそれなりの物が必要

バターコーヒーはココナッツオイルやMCTオイルに関しても、品質の良い物を用意することを推奨しています。

MCTというのは、簡潔に言うと「エネルギー効率の良い脂」とでも呼べばいいでしょうか。

アボカドやココナッツにも含まれる脂質で、それを良いとこドリップしたのがMCTオイルです。

なので、ココナッツオイルよりも、MCTオイルを使う方が良いのですが、これまた良い値段します。

 

 

バターコーヒーのために必要な物

コーヒー豆

良質なバター

MCTオイル

泡立て器

 

です。

始める段階で揃える物が多いし、値段が高かったりするので、効果が出なかった時や、朝から昼にかけて間食してしまうと、意味がなくなってしまうのです。

せっかくお金をかけて買ったのに、効果がなければ・・・

これから始めようとする方には、少し立ち止まって、本当にバターコーヒーじゃないといけないの?と考えてみてください。

ただ、バターコーヒーを実践しておられる方の中では、この朝の一杯が優雅な時間となるように思います。

今現在やっている方の声をネットでも調べて効果があるのかどうか、しっかりと確かめてからやった方が良さそうですね。

完全無欠?本当に?

ここで、バターコーヒーの効果の中にある欠点を見ていきます。

科学的根拠に基づくバターコーヒーへの見解は、「健康に悪い」という声も上がっているのです。

一部抜粋させていただきますと

この本では、グラスフェッドのバターを入れたコーヒーを飲むことが推奨されていますが、バターは体に悪い油であることが数多くの研究からわかっています

ちなみにグラスフェッドバターが普通のバターより健康に良いというエビデンスもありません。グラスフェッドバターには酪酸が多く含まれているという研究もあり、ネズミの実験では酪酸が健康に良い可能性が示唆されていますが、健康に悪い飽和脂肪酸も多く含まれていることを忘れてはいけません。

人間において、グラスフェッドバターと普通のバターの健康への影響が違うというエビデンスがでるまでは、同じものであると考えたほうが良いと考えます。

出典元:残念!話題の「バターコーヒー」は健康に悪い

 

バターがとても悪いものではありませんが、グラスフェッドバターという名前になったからといって、健康に良いものになるわけではありません。

完全無欠とは、ダイエット観点からでしょうか?健康的な視点から見てでしょうか?

完全無欠とは、全てにおいて完全?欠点がない?

これらの文献や、バターの飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸についての文献を見れば、バターコーヒーは健康面的には「良い」というレベルでは無さそうです。

朝一にコーヒーを飲むリスク

バターコーヒーは、朝食に摂ることが推奨されていますが、朝には胃の中が空っぽで、その状態にバターコーヒーを摂ると胃酸が増えて、気分が悪くなったり、吐き気があったり、胃潰瘍の原因になることもあります。

しかし、流石は完全無欠・・・コーヒーにはバターやMCTオイルが含まれているので、胃へのダメージはかなり軽減できるため、心配はなさそうです。

が、コーヒーを飲むベストな時間帯や、飲むべきでない時間帯を考えるとどうでしょうか。

起床から2時間はコーヒーは飲まない方が良いことが研究によって分かっています。

起床後、脳は自ら覚醒しようとストレスホルモンを分泌していきますが、カフェインの作用により、脳を強制的に覚醒させることで、体内時計が狂ってしまうことがあります。

体内時計が狂うと、ホルモンバランスの乱れや体調にも悪影響を及ぼすことがあります

関連記事:コーヒーを飲むタイミング、時間帯を徹底解説!生活で必ず使えるコーヒー術

坂本
これは私個人的な意見ですが、何年も朝は起きてすぐにコーヒーを習慣にしている方は、体が順応してあまりダメージはないものと考えています。(やめた方が良いのは事実)

バターコーヒーは朝断食に近い糖質制限

バターコーヒーを朝食として、バターコーヒーには糖質が一切含まれておらず、高品質な資質を摂ることで脳へのエネルギー源を摂取し、また現在ついている脂肪を燃焼して行うものです。

糖質は摂らないので、バターコーヒーであろうがなかろうが、脂肪が落ちるのはなおさらのことなのですが、朝以外の食事ではしっかりと体に栄養のあるものを摂らないと貧血になり、めまいを起こす危険性があります。

坂本
これを編み出したデイブ氏は、バターコーヒーで痩せたのではなく、バターコーヒー含む、様々な食事法、栄養管理の結果痩せたということを思い出してみてください。

バターコーヒーは2週間ほどでメンテナンスを設けることが勧められていますがこの理由は

栄養管理をしっかりとするためのメンテナンスです。

始めのうちは何の影響がなくても、2週間もすれば体は徐々に栄養失調に陥ることがあります。

 

ダイエットを初めて、2週間を過ぎたころから明らかなエネルギー切れ、手足の震えを感じるようになってきました。

 

完全無欠コーヒーダイエットは、もしかして、危険なダイエット方法だったりして…?!

出典元:【管理栄養士に聞いた!】驚愕…完全無欠コーヒーダイエットの真実とは?

舌しびれてきて、手の先冷たくなってきて、頭ぐらぐらしてきて
 
その時私は思いました
 
これが、あの、貧血か!と
 
今まで全く無縁のものでしたが私は人生で初めて貧血(おそらく)になりました

 

バターコーヒーでダイエットをしようと思うなら、それは食べないダイエットに近いということを知るべきです。

もちろん、昼、夜で好きなだけ食べるなら効果はないし、むしろ太る可能性もあるかもしれませんが、そうではなくてしっかりとした栄養あるものを食べることが大切です。

運動なしで食事制限のみで痩せる←このリスクとどれだけ難しいか分かりますか?

 

ダイエットするならコーヒーだけ、あるいは緑茶コーヒーで十分

バターコーヒーには、高品質なバター、MCTオイルなど、始めるために必要な物が多くて、費用もかかっちゃいます。

もちろん、バターやMCTオイルも、一度買ってしまえば12月は持つので、継続はできるでしょう。

私自身、コーヒーダイエットを実践して体型コントロール(太らせたり、絞ったり)しながら簡単にできるダイエットを模索していますが、

これからバターコーヒーを始める方には、それよりも運動前にコーヒーを飲むことや、緑茶コーヒーダイエットを試していただいた方が良いと思います。

運動せずに痩せる、食生活のみで痩せるというのはなかなか難しいです。

バターコーヒー含む本書を書いたデイブさんはそれを実際にやってのけた人です。

彼は大金持ちです。だからそういうことも容易く出来てしまうのですが、運動して痩せる方が、よっぽど良いと思っています。

この本の著者であるデイヴ・アスプリー氏が自分で体験してみて、調子が良くなったと感じた食事を紹介しているだけなんです。「15年間、30万ドル投じた」と書かれていますが、たくさんおカネを使ったことと正しい食事内容であるかどうかは別の問題です。

この本に書かれた食事を取り入れれば、なんとなく頭がすっきりする効果はあるかもしれませんが、残念ながら健康に良いとは言えません。

残念!話題の「バターコーヒー」は健康に悪い

ただ、バターコーヒーって、名前の響きも良いですし、ちょっと高価なコーヒーみたいな感じで、カフェに行くと飲みたくなります・・・。

関連記事:【ダイエット】運動前の食事にコーヒーとバナナを摂ろう!苦しいダイエットに終止符を。

緑茶コーヒーダイエットでは痩せない?本当に痩せる?|効果を確実に得る方法

まとめ

バターコーヒーで実際に痩せた人もいますし、SNSなどでバターコーヒーの写真を挙げているのをみると、ちょっと優雅に思えます。

しかし、健康面や金銭面、効率面から考えてみると、リスクやデメリットも確かにあります。

 

バターコーヒーのために必要な物

コーヒー豆

良質なバター

MCTオイル

泡立て器

 

合計1万円手前くらい?

 

健康面においてのデメリット・リスク

起床から2時間以内に飲むと体内時計が狂う

「グラスフェッド」バターだからといって体に良いわけではない

食生活がしっかりしていなければ栄養失調や貧血になる

 

効率的に考えてみると・・・

その他の食事では制限してきちんと栄養管理しなければ効果はない

朝から昼にかけて間食すると効果はない

よって、バターコーヒーは完全無欠ではない、ということです。

ただ、コーヒー自体は健康的にもダイエット的にも金銭的にも完全無欠と言えるかもしれません。

軽い運動すれば、という話ですが・・・

他のページにコーヒーでダイエットすることや、その他の健康、ダイエット関連の記事がありますので、よろしければ是非ご覧んください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください