この記事は約7分で読めます。

バターコーヒーダイエットは危険!痩せるのは一時的で健康に悪い!

こんにちわ!今回は以前からの違和感を解消すべく、この記事を書きました。

以前にこのような記事を書かせていただきました。

バターコーヒーのデメリット・リスクを知っておこう!効果を発揮させるにはかなりの…

あれから自分もバターコーヒーを試してみたり、色々調べたり、改めて考えた結果、バターコーヒーダイエットは健康を害する危険性のあるものだ、ということがわかりました。

もちろん、全ての人に、ではありません。

しっかりと栄養管理や食事制限が出来る人は、あるいは痩せることは可能かもしれません。

しかし、それは一時的なものであって、続けてバターコーヒーダイエットの生活スタンスを続けることはすべきではないです。

それでは、早速みていきましょう。

グラスフェッドバターという名前だからといって体に良いわけはな

 

さて、バターコーヒーに必要なものはもちろんのこと「バター」です。

ただし、ただのバターではなく、「グラフェッドバター」といって、牧草しか食べていない牛の乳から生成されたバター出なければならないのです。

かなり高いです。それに、名前に「グラフェッド」なんか付いていたら普通のバターよりも体に良いのかも!?と思ってしまいますが、そんなことはありません。

バター自体、体に良いものではなく、飽和脂肪酸に部類される脂です。

飽和脂肪酸とは、動物性の脂で、悪玉のLDLコレステロールを分泌させることで知られていて摂り過ぎればいわゆる心筋梗塞や、心臓疾患といった重病の原因にもなります。

もちろん、バターコーヒーはダイエット効果はあるとはいえ、それでも良いとは言えないのです。

これにはバターコーヒーの仕組みを理解する必要があります。

バターコーヒーダイエットの仕組み

バターコーヒーは朝食代わりに飲むことを推奨されていて、朝にはコーヒーとバターとココナッツオイルまたはMCTオイルのみで済ませます。

この時に、体は一番優先して使う糖質がないため、時点でタンパク質、脂質といった栄養素をエネルギー源として使います。

このココナッツオイルやMCTオイルに含まれる脂の中には、脳にとって非常に効率的な脂質が含まれていてそれによりバターコーヒーを飲むと集中力が増したり、記憶力が良くなるということです。

しかし、体はエネルギー源を必要としていますので、それに取って代わるのが今現在、身に付いている脂肪を燃焼して、エネルギーとして消費してくれるのです。

ここで大切なことは、エネルギー源として使われている栄養素の中には、ビタミンやミネラル、体を正常に機能させる栄養素もごっそり消費されているということです。

この過程でケトン体というものが分泌され始めます。

簡単に説明すると、体から糖質が空っぽになった時に、体が糖質の代わりに、脂肪を使って作り出すのがケトン体です。

糖質制限をしている方なら、聞いたことがあるかもしれませんが、このケトン体を応用したケトンジュニックダイエットもあります。

バターコーヒーダイエットはケトンジュニックに似たダイエット法です。

つまり、さっき言ったバターの飽和脂肪酸が心筋梗塞の危険性を持つというのも、糖質を摂らなければ脂肪はつかないので問題ないです。

ですが、これはほぼ断食していることと同じで、脂肪以外の栄養素は十分に取り入れることができないのと同じなのです。

もちろん、昼食や夕食では、普通に食事をするわけですが、ここに大きな落とし穴があるのです。

まず1つが、糖質を摂り始めるとケトン体の分泌が止まってしまうことで、脂肪燃焼できないんじゃね!?という心配です。

要するに、糖質を摂ることにより、ケトン体が分泌されなくなり、内臓脂肪の燃焼の効果も薄れ、心臓部位には脂肪が蓄積するということです。

バターコーヒーの落とし穴

バターコーヒーダイエットをしているということは、肥満かそれよかぽっちゃりしている人が多いかと思います。

なので、「痩せるためには食べたいけど、食べるべきではない」と思っている人が多いと思いますが、ここに落とし穴があるのです。

バターコーヒーを飲むと、食欲が本当に収まります。

個人差があるとは思いますが、私の場合は鍛えているので「食べないとやばい」と思って一応、必要な栄養素は摂取します。

しかし、バターコーヒーダイエットを取り組む人は、「痩せたい」と思っている人が多いはずです。

抑えきれない食欲がバターコーヒーによって収まったとしたら、食べなくても良い」あるいは「軽食でも良い」と思ってエネルギー源として消費されたタンパク質やビタミン、ミネラルを補えずに、そのまま続けていると栄養失調になる可能性があります。

また、ケトン体について知っている方は、極力糖質の摂取は避けようとするため、糖質を抜いたおかずや惣菜のみ」を摂取しようとするかも知れませんが、私は足りないと思っています。

バターコーヒーで貧血になる!?

https://twitter.com/tunenikichi/status/1004939791811506176

バターコーヒーを始めて2週間経過した人たちの中で、めまい、疲れ、だるさの症状が現れた人たちもいます。

つまり、「痩せたい」と思う意思と、バターコーヒーによる食欲の抑制により、必要な栄養素を摂取できなかった結果であると言えます。

実際に飲んでみると、空腹にも関わらず“実感”がなかった。

私は普段から鍛えているので、前に摂った食事の時間から、次にいつ食事が必要なのかは分かります。

関連記事:筋肥大は食事が大切!摂るべき栄養素と食品はこれだ!!

朝食にバターコーヒーと、おにぎり2つとプロテイン15gを食べたその日に昼・・・

何か、胸焼けまでは言わんけど、いつもと違う胃の調子に違和感を覚えました。

空腹・・・まさに腹の中は空っぽのはず?

モヤモヤしたような感覚・・・。でも体はカロリーを求めてる。

でも肝心の食欲がなく、今から食べるラーメンですら遠慮したいと思えました。

これは・・・噂のバターコーヒーの食欲の抑制!?

完全無欠?これじゃ、食事を我慢して栄養失調になるのは時間の問題・・・。

と、これがその時の心境です。

今ではバターコーヒーの良さも知り、必要な場面で飲めばかなり使えると思っています。

ただ、今現在、バターコーヒーでダイエットしようとしている人には、これからの危険性について知っていただきたいです。

バターコーヒーを続けると慢性的に栄養失調になる可能性が高い。

これは紛れも無いバターコーヒーの持つ効果の食欲の抑制と、痩せたいからあまり食べたく無い」と思う心理による栄養失調です。

今のところ、最悪なケースは体調の悪さ異変を感じて病院へ行く、程度なので、死に至る危険性があるわけではありません。

ただ、2週間を過ぎたあたりから、一度バターコーヒーの摂取をやめて糖質やその他の栄養素、ビタミンやミネラルもしっかりと摂るべきです。

というか、これを本にしたデイブ氏は、バターコーヒーの他に、徹底的な栄養管理をプロの元行なっていたとのことです。

そりゃ、成功してもおかしくありません。

が、一般人の私達では、バターコーヒーを真似するだけでは結果として、栄養失調になり得るということです。

もちろん、栄養管理がしっかりと出来る人なら、そのような問題はありませんが、「痩せることを目的」としているなら、バターコーヒーはちょっと効率が悪いです。

バターコーヒーはダイエットのためではなく、ここぞとばかりの正念場に向いていると思います。

集中力は本当に増しますね。MCTオイルは恐るべしです。

なので、オススメなのは

説明会やテスト、ビジネスの会談の時やデスクワークで追い込む時。

こういう、集中力が必要な時に飲むのが良いと思います。

あるいはバターコーヒーを飲むにしても、昼、夜はしっかりと肉や野菜、ご飯も食べる

というのがいいです。

まとめ

バターコーヒーはダイエットにはやめた方が良いです。

ダイエットするなら普通にコーヒーを飲むか、「緑茶コーヒー」がオススメです。

関連記事:「人気の緑茶コーヒーダイエット!リスクとデメリットを知っておこう」

そして、運動することを習慣にするのがダイエットの一番の近道であり、王道です。

バターコーヒーの利点はもちろんありますが、それはダイエット向けではないのです。

集中力の向上は本当に素晴らしいものですが、食欲の抑制が続くと栄養失調になる危険性があります。

集中しなければいけない!そんな時こそバターコーヒーを堪能しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください