コーヒーを淹れるベストなお湯の温度は85℃|お湯の温度が熱過ぎたら味も変化

コーヒーを入れる時の温度が熱過ぎるとダメだというのは前から聞いていたし、何度も失敗してしまったことはあるのですが、ようやく理解してきたので、

せっかくなので記事にしてみることにしました。

熱過ぎると豆の良さを殺してしまう

コーヒー豆は熱いお湯で入れれば入れるほど、苦味が強くなりますが、これは、コーヒーの苦味が抽出されているのではなく、熱湯によってコーヒー豆に含まれる成分が死んでいるのです。
その結果、苦味の強い味となるのです。

コーヒーの酸味とは、ポリンフェノールクロロゲン酸といった目立って知られている酸もありますが、キナ酸クエン酸リン酸なども含まれていて、

90℃以上の熱湯でコーヒーを入れた場合、これらの酸味を持つ物質が死滅してしまうものもあるのです。

ダイエット効果の「クロロゲン酸」が死滅

熱湯で死んでしまう代表となるのが「クロロゲン酸」です。

クロロゲン酸の効果は本当に素晴らしいものばかりで、ダイエットに大活躍します。

 

<strong>クロロゲン酸の効果・効能</strong>

・血糖値の上昇を抑える。

・糖の吸収を抑える。

・抗酸化作用(アンチエイジング)

・脂肪燃焼効果

 

などの効果があります。

クロロゲン酸は耐熱性があまりなく、90℃以上のお湯では死滅してしまうと言われています。

90℃で淹れたコーヒーを、すぐに飲むことはしないと思いますから、この辺りはコーヒー好きな方はご注意を。

スポンサードリンク

綺麗なドームが出来ない

余談ですが、熱湯でコーヒーをドリップすると、ドームの形がゴツゴツした岩石のような形になります。

何度も何度も試しているうちに、特徴として見えてきたものです。

一杯のコーヒーを作るのにこだわりを持つ方なら、汚いドームでコーヒーを淹れるのはなるべくしたくないですよね。

お湯の温度に気を付けてみましょう。

90℃以上でも、良い感じのドームが出来ることもあります。比較的に、新鮮さの飛んだ豆でドリップした時に、多い気がします。

ベストは85℃・・・分かりやすい目安としては?

出典元:https://www.85cbakerycafe.com/

コーヒーのお湯の温度はベストが85℃です。

この温度であれば、ドリップコーヒーを作る際に、粉末の膨張が綺麗に、大きなドームになりやすく、整った形で抽出することができます。

僕の場合は、ある程度の沸騰させたお湯に、水を足すようにして温度調節を行なっています。
水を足す計算で、あらじめケトル(コーヒー用のヤカン)に入れる分を減らしておきます。

温度計なんて要らない・・・!のも事実ですが、実際に85℃で作るコーヒーは格別です。

試していただくと分かりますが、本当に美味しいです。

コーヒーのフルーティーな風味(酸味)も、苦味も、しっかりと堪能できる。

豆の量の調整が出来ていれば、本当に至福の一杯となります。

台湾に85℃というコーヒー屋さんがあって、ここのコーヒーを飲んだ時に色々な定説の中から85℃を支持するようになりました。

 

見出し3:色んな抽出方法があって、温度もバラバラ

僕は完全ドリッパー主義ですが、コーヒーの世界は奥深いもので、ドリップコーヒーの中でも、ペーパー派なのか布派なのか、金属派なのかという違いがあります。

お湯の温度だって、50℃で淹れる方法もあれば、水で抽出する方法もあります。

圧縮して濃厚な部分を出すエスプレッソ

お湯を沸騰させた勢いで抽出するマキネッタ

手間あれど品のあるサイフォン式


出典元:Wikipedia

 

色んな方法がありますので、一概に85℃!!っていうのも、コーヒーの世界を狭めてしまうことになるかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

コーヒーは長年の研究で幾度となく世間を驚かせていました。

日本では、昔はコーヒーは体に悪いと知られていたのですが、最近はそんな話すると馬鹿みたいに思われちゃいますよね。

コーヒーによる研究が進み、コーヒーには様々な病気の予防、健康効果、ダイエットや美容効果があることが分かっています。

コーヒーの効果!ダイエット、病気予防、健康効果について解説

そんなコーヒーの成分を殺さないためにも、お湯の温度には気を付けましょう。

目安としては85℃です。

沸騰させたお湯に水を足すだけです。

もし、美味しいコーヒーを飲みたいと思われるなら、ぜひ一度試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください