【全トレーニー共通】下痢が続く原因はプロテインなのか、他のサプリなのか

トレーニーにありがちな下痢続き。この原因についてみていこうと思います。たんぱく質の摂り過ぎで腸に負担がかかってしまっているのでしょうか?それともサプリメントが影響しているでしょうか?一緒にみていきましょう!

下痢になる原因

そもそも、下痢になってしまう原因は、腸内環境が乱れているがゆえに起こってしまう症状で、食べたものを正しく分解できずに水っぽくなって排出されるものです。

トレーニーの中では下痢が続く人が多いようです。

 

そこで、なぜトレーニーにお腹を下す人が多いのでしょうか?

プロテインに原因がある説

プロテインはタンパク質ですが、もっと細かく言うとホエイ、カゼイン、ソイ3つの種類に分けることができます。

この、ホエイプロテインとは、乳清のことで、牛乳由来の成分です。

ヨーグルトを食べる時によくある透明のあれです。

牛乳を飲むと、お腹を下してしまう人がいますが、これは、ホエイプロテインにも言えることで、「乳糖不耐性」なのです。

乳糖不耐性とは、ラクトースと呼ばれる乳糖を消化する酵素ラクターゼ」が体内で不足しているがために、小腸で分解されきれず、そのまま体の外へと流れていってしまう体質の人のことです。

ただ日本のほとんどの人ではなく、一部の人が乳糖不耐性なのですが、

ホエイやカゼインは、牛乳由来のプロテインなので、いくら牛乳ではないとはいえ、飲む回数や頻度が増えると、下痢を引き起こす可能性があるのです。

“乳糖の摂取量と下痢発生に関するヒト試験(※1)によると、乳糖を30g(牛乳700mL相当)摂取したグループでも下痢は起こりませんでした。60g1,200mL)摂取のグループでは50以上の割合で下痢が起こりましたが、一度に1,200mLの牛乳を飲むというのは、実生活ではほぼありえないことです。 

また、15歳以上の男女10,000人を対象とした調査(※2では、牛乳を飲んでお腹がゆるくなったり、ゴロゴロしたり、張ったりする症状の自覚を持つ人について、「いつもそうなる」人は7%、「いつでもではないがなる」は13%、「たまになる」29%でした。その理由は、腸内細菌叢にありました。”

出典元:ウワサ16 日本人のほとんどは、牛乳を飲むとおなかをこわす

 

なので、プロテインを飲んで下痢が起こる方は、プロテインからのタンパク質摂取の量を減らして、食事からタンパク質を補給するようにしましょう。

その他のサプリが原因である説

トレーニーの方は、プロテイン以外にも、多くのサプリメントを摂っていますが、その中でも気を付けたいサプリがあります。

それがカフェインの多く含まれるもの、あるいはアドレナリンを分泌させるようなサプリメントです。

なぜかと言うと、カフェインは刺激物とも言われていますが具体的には脳からアドレナリンを分泌させて、脳を緊張状態にさせ、覚醒作用を持します。

この時に、腸に刺激がかかっていることがわかっており、その度合いが強ければお腹を崩してしまうことがあります。

コーヒーには便通を促す作用がありますが、ある研究によると、カフェインが原因ではないと明言されていますが、コーヒーはカフェイン以外にも、豊富なポリンフェノールが含まれているため、それが引き金となって便通が良くなっていると僕は思います。

カフェインは数千種類もあるポリンフェノールの一種です。

参考文書:コーヒーを飲むと「便意」をもよおす理由

それ以外にも、サプリの注意書きを見ればよく書いていますが、飲みすぎると、お腹が緩くなることが表記されています。

1つのサプリだけでなく、色々な種類のサプリメントを日々摂取している人は、お腹を崩しやすい状態になってしまっています。

お腹を下すと知られているサプリメント

EAA

クレアチン

HMB 

プレワーク

お腹がゆるいと、トレーニーにとってはよろしくない

下痢をするということは、体に取り入れた食物やプロテイン、サプリメントがしっかりと吸収されないまま、体から排出されてしまうので筋肉にとって必要な栄養素も流れてしまっていることになります。

ですので、出来るだけ腸内環境を整える食事を心掛ける必要があります。

下痢止めなどはお勧めしませんが、消化酵素ならお勧めします!

腸内環境を整え、カラダの内から体質改善

トレーニーに下痢が続く人が多い原因について、今回は見ていきました。

とは言っても、下痢は突然起こるもので、なってから対処するのが一番オススメだと思います。

自分の体調をしっかりと管理して、下痢になったらすぐに対処できるようにしておきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください