この記事は約9分で読めます。

脂肪が燃焼する仕組みを使ったダイエット方法のご紹介

今回は脂肪燃焼の状態を作り出す方法をご紹介していきます。

これを駆使してあなたのダイエットを加速させ、一気に痩せていきましょう!

難しいことはありませんが、いくつか言えることがあるとすれば、

・運動無しでは遠回り

これから見ていくことは、脂肪燃焼モードになる方法であって、痩せる方法ではありません。

なので、その時にカロリーを消費しなければ、効果はあまり期待できないということを覚えていてください。

それでは早速、見ていきましょう!

「脂肪燃焼モード」って何?

出典元:https://comiblo.com/senninmodoshuriwaza/

運動して脂肪が燃焼し始めるのは「40分」とか「20分」とか色々言われていますが、これは“リパーゼ”という細菌の働きに関係していて、脂肪を分解するのにかかる時間だということです。

腸内や臓器で存在するリパーゼですが、通常の場合だと活性化するのに時間がかかることは確かです。

この脂肪燃焼の要の酵素であるリパーゼを活性化させるために、ご紹介する方法が今回の記事になります。

食べ物や飲み物を工夫して摂ることで、リパーゼ活性化にかかる時間を短縮して一瞬で脂肪が燃焼しやすい状態のことを、「脂肪燃焼モード」と、私が勝手に言っています。

アニメ「NARUTO」の“仙人モード”から名前を取りました。

あのモードになるには時間が必要ですが、ちょっとした裏技を使えばいつでも仙人モードになれることがアニメで描かれていました。

言うなれば、その「裏技」を知ることで、一瞬で「脂肪燃焼モード」になることができるのです。

牛肉、羊肉を使って脂肪燃焼

牛肉や羊肉に含まれるL-カルニチンという成分は脂肪をエネルギーにする作用があり、食べると体を動かすエネルギーに脂肪が使われるようになり、ダイエットには最適な食材なのです。

羊肉の方が、L-カルニチンが多く含まれています羊肉は比較的に入手するのが困難であったり、お値段が高いので、お勧めはできません。

なので、牛肉を使っていきたいところなのですが、ここで、牛肉を安く、そしてお得に手に入れる方法をご紹介します。

夜にスーパーへ行くと見切り品をチェックする

夜のスーパーは値引きされている商品が多く特に生ものの食材が多いです。

10%引き、30%引き、50%引きがありますが、牛肉にそのシールが貼られていたらそれがターゲットです。

坂本
50%引きを買いたいのは山々なのですが、私もこいつと出会う確率は滅多にないので、30%引きが見つけられればそれで十分だと思います。

中には、「焼肉用、ステーキ、シチュー用、煮込み用」など、ありますが、全部焼いて食べても構いません!

ただ、シチュー用、煮込み用は硬い部位にもなるので、調理する際に小さめにカットすると、食べやすくていいですよ。

※スーパーによって値引きの割合、シールを貼る時間帯など、異なっていますので、お近くのスーパーを一度巡回してどこがベストなのかを見つけるのが良いかもしれませんね。

その日に食べないのであれば冷凍庫で保存

見切り品で買った牛肉ですが、その日に食べないのであれば冷凍庫で保存することをオススメします。

解凍して食べる時には、夕飯で食べるつもりなら、その日の朝に冷凍庫から冷蔵庫へ移動しておけば、夜には半解凍になっています。

お肉の量や室温にもよりますが。常温で解凍するなら大体2~3時で解凍は十分なほどにしています。

あるいは、次の日の朝に調理すれば冷蔵庫でも持つでしょう。

どうしても食中毒が気になるなら、ニンニクを少量加えてから保存すれば、安心です。

いつ食べるか?

食べるタイミングについて、なのですが、昼食の弁当にするか、あるいは朝食が望ましいのですが、正直なところキツい方が多いかと・・・。

私の職場は調理ができるので、昼食にガッツリ400円(300g)のステーキを食べる時もあります。

運動後の夕飯にすれば平日でも全然問題ないですし、休日の食事に食べることも可能ですね。

おさらい:なぜ羊肉と牛肉が良いの??

羊肉や牛肉に豊富に含まれるL-カルニチンという成分が、脂肪をエネルギーとして消費させる効果を持つため。

値段や入手方法を考えると、一般的に出回っている牛肉の見切り品を狙うことがおすすめ。

緑茶とコーヒー

「人気の緑茶コーヒーダイエット!リスクとデメリットを知っておこう」

両方同時に摂る方法でも、あるいはどちらか1つでも問題ありませ、やはり「脂肪燃焼モード」へとなるには、両方を同時に摂った方が効果は高いです。

  • コーヒーによるカフェイン、クロロゲン酸 
  • 緑茶によるカフェイン、カテキン、テアニン

これらの成分により、脂肪を燃焼、それに両方の作用で、ある程度のデメリットを打ち消す効果が得られます。

以前から、コーヒーダイエットについては実験もしてきたし、コーヒーが大好きなので毎日飲むのですが、

豆を切らしてしまった時に、緑茶を飲むようになって、緑茶単体でもダイエット効果を確認できました。

詳しくはこちらに書いてありますが、飲むタイミングとしては午前中には飲んでおきたい。

緑茶コーヒーの飲むタイミングを解説|飲む時間でダイエット効果に影響が!?

カフェインの効き目は思っている以上に長く、昼間の3時ごろに飲んでも夜まで効果が続き、眠れなくなる可能性もあります。

緑茶コーヒーによる「脂肪燃焼モード」は強力なもので、仕事や体を動かす作業をすることで脂肪燃焼効果は十分に発揮できます。

デスクワークが仕事の主体であるならば、なるべく動く前に摂ることをおすすめします。

ベストなタイミングは「運動前」です。

運動前に飲むコーヒーは脂肪燃焼効果最高‼︎

上記の画像を見ていただくと分かりますが、この方法でするなら、やはり「運動前」が最高のタイミングであることが分かります。

脂肪燃焼が凄まじいです。正直なところこれより良い方法は私は今のところ知りません。

※緑茶かコーヒーを飲んでから運動する場合、必ず水分補給をたくさん摂るようにしてください。他のサイトでもあまり書かれていませんが、カフェインによる利尿作用+運動による発汗は思っている以上に水分を消費します。

水分補給は絶対に徹底してほしいと思います。

コーヒーの成分の詳細や詳しいタイミングなどについては、こちらから回覧してください。

コーヒーを飲むタイミング、時間帯を徹底解説!生活で必ず使えるコーヒー術

コーヒーを運動前に飲むとダイエット効果を加速させパフォーマンス向上にもなる

4分の運動「タバタ式トレーニング」

4分でする運動「タバタ式トレーニング」やり方

タバタ式トレーニングは、4分で出来る運動なのですが、タバタ式トレーニングをする前と、した後とでは、体の基礎体温が24時間変わってきます。

体が熱を発するということは、いつも以上にカロリーを消費する状態になっている」ということです。

基礎代謝をあげることによって、脂肪は燃焼しやすい状態、つまり「脂肪燃焼モード」になります。

なお、この運動のやり方などについてはいたって単純で、

動作20秒→休憩10秒×8セットするだけです。

初めてする方にはかなりキツい運動法なのは確かですが、ポイントとしては「動き続けることを意識する」ことです。

また、タバタは部分的に体温をあげることにも特化していて、つまりは“部分痩せ”の効果もあるのではないか?と長年の経験から感じます。

腹回りの脂肪を落としたいのであれば、腹筋のメニューを中心とした4分間の運動を行うといいでしょう。

ただ、基礎代謝をとにかく上げるには「太もも」や「背中」を刺激する運動がオススメです。

大きな筋肉ほど消費するカロリーは多いため、タバタ式トレーニングをすれば体温を上げるには「太もも」や「背中」などの筋肉を刺激することが効果的です。

腸内環境を整えて腸内フローラーへ

これは「脂肪燃焼モード」の更に上の段階といいますか、仙人モードのさらに上のナルトの九尾モードのようなものと思ってください。

覚えていますか?「リパーゼ」は細菌で、私たちの腸内、臓器に常に存在している微生物で、私たちの体を「宿」として住んでいる、いえ・・・共存している関係なのです。

私たちは宿を提供する代わりに、無数の微生物の働きによる健康を供給してもらっているようなものです。

その宿が、良い状態でないと、微生物たちも上手く機能せず、返って体調不良にもなってしまうのです。

「腸内フローラ(腸内環境が万全に整えられた状態)を自分の体に引き起こすことができれば、リパーゼだけでなく、多くの微生物の力を同時に受けることが出来るので、ダイエット以外にも、全ての面において調子が良くなります。

最近の研究で、人の体にいる細菌は私たちの体調、感情、活気、肌の状態、脳や其の外すべての器官の状態にまで影響を及ぼしている、ということが分かっています。

つまり、腸内をきちんとケアすることはダイエット以外に、自分の日常に益をもたらすことなのです。

ではどうすれば腸内を万全な状態に保てるのか?

食べ物です。

腸内を整える食べ物は色々ありますが、特に私がこれだ!と思うものを書き出させていただきます。

・納豆

・バナナ&ヨーグルト

・りんご

・さつまいも

・わかめ

・トマトジュース

これらのものを日常的に摂ることで、腸内環境は整えられていきます。

坂本
私自身の経験からすると、食生活に対してそれなりの姿勢で向き合わなければ、腸内フローラになるのは難しい・・・と思いました。

今がこの状態!!っていうのがハッキリと分からないため、日々続けていくことが大切です。

・毎日決まった時間に便が出る。

・固い、水っぽい、のような不安定な便ではない。ちょっと柔らかいくらい。

・起床時間が多少ズレても自然と決まった時間に起床する。

何となくですが、これらが揃っていれば腸内フローラは近い!というふうに思います。

また、食生活はバランスですから上記の食品以外にも、しっかりと栄養のあるものを食べてくださいね!

まとめ

これらのことを利用して脂肪を効率的に落とすことは、私からすれば「簡単です」

と言いたいところなのですが、年齢や筋肉量、普段の食生活だけでなく、習慣もかなり関わってくるかと思います。

なので、もしよければこれらのこともお読みになっていただいて、より脂肪を効率的に落としましょう!

【ダイエット】太らない体質/痩せやすい体質になるための教科書

本気で痩せるためのダイエット方法~食事編~

本気で痩せるためのダイエット方法~運動編~

特に「コーヒーダイエット」に関しては特にオススメです。(水分補給を忘れずに!)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください