鯖缶でダイエット?驚くべき鯖缶の効果とは!?

鯖缶について

鯖缶は完全食であり、究極の健康、ダイエット食品と言えると思います。

手軽にタンパク質を摂取できるし、缶詰なので、保存も効く。

そして何より美味い!時に周りから「臭い・・・」などと批判されることもあります。

今回は、そんな鯖缶がどれほど素晴らしいのかをお伝えしていこうと思います!

この記事では、鯖缶に含まれる栄養素を全て書き出すことは多すぎるので、はっきり言ってわか
らなくなるかもしれませんので、鯖缶がもたらす効果をメインに紹介していきます。

 

※注意してください。鯖缶の「水煮」の場合です。

味付けや味噌味の場合、こういった効果が大幅に削ぎ落とされていると思ってください。

 

鯖缶にはビタミンB12が超豊富!

調査によれば、鯖缶には、1日の推奨されているビタミンB12の量よりも遥かに上回っている量が、
鯖缶100gに含まれています。

(1日の平均基準値の5倍という意見もあります。)

摂り過ぎになるんじゃない?と思うかも知れませんが、ビタミンB12は摂り過ぎても人体に悪影
響はほとんどありません。

ビタミンB12がもたらす効果について。

 

ビタミンB12の効果
    • 赤血球を作る
    • 貧血の予防
    • 貧血の改善
    • 腰痛の改善
    • 不眠症の改善
    • 妊娠中や授乳中に必要
    これだけではありません。

 

鯖に含まれる究極の栄養素「EPA」と「DHA」

EPADHA
GLP-1(※要説明)

このEPAとは、鯖に限らず、多くの青魚に含まれているものですが、このEPAが体の何に良いのか?
ということをお話しします。

EPADHAもほぼ、同じです。微妙に違いますが、魚に含まれる良質な油と考えていただいて大丈夫です。

そして、このEPADHAも、体の中で生成することができないもので、食べ物、あるいはサプリメントでしか摂取することができません。

鯖缶1つにこの両方が含まれていますので、二つで1つと考えても問題なし!

このサイトでは専門的な知識よりも実践においての知恵を提供させていただいております。
物質とか栄養素というよりもそれを取った結果に焦点を当てたいと思います。

すでに、鯖が体に良い、というのは、私はしっかりと体験しています。それらに専門的な知識を添えて、みなさんにも試していただこうと思います。

 

EPAは血液に関しての効果

EPAは血液を固まりにくくし、サラサラにする働きがあります。

  1. 血圧を下げる働きを持っており、心筋伷塞や虚血性心疾患、脳伷塞などの結構大きな疾患の予防
    が出来ます。
  2. 中性脂肪を抑制します。言うまでもなくダイエットに向いています。
  3. 免疫力向上機能もあって、丈夫な体を保つことができます。
  4. ドライアイ予防にもなります。

DHAは脳や神経に関しての効果

とは言っても、DHAにもAEP同様、血管や血液への効果もあります。

DHAには、情報伝達物質の合成と神経系の何とか・・・専門的なことですが、要するに、精神的
にも安定する要素があって、うつ病の予防にも繋がります。

記憶力の向上能力もあります。私自身、本の暗記がスラスラと出来たのはこれのおかげなんじゃな
いか?と思います。

免疫力の向上もあって、アトピー花粉症その他アレルギーに対する免疫がつくとされています。

※魚に含まれる油は総じて体に良いです。

これをオメガ3系必須脂肪酸といいます。

人の体では作ることはできない良質な油のことです。

抗酸化作用やアンチエイジングという言葉を聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません
が、つまりは老化防止の効果があり、若々しく、元気でいられる効果があるということです。

GLP-1

これは鯖に含まれているものではなくて、人間がもともと持っているホルモンで、食事をした際に分泌されるホルモンです。

別名:痩せホルモンと呼ばれ、このホルモンが私たちのダイエットに関して、多くのカギを握っているのです。

このGLP-1とは、アメリカではかなり注目されているホルモンで、ダイエットの絶対成功の伴を持
つものです。

人が食事をすると、このGLP-1が分泌され、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢を刺激するので
すが、これは人によって分泌される量が違うんです。

つまり、食べても太らない人たちは、このGLP-1が豊富に分泌されている、ということです。

逆に、太りやすい人、というのは、他にも色々な原因があるかと思いますが、このGLP-1が分泌
される量が少ない、という1つの原因なのです。

しかし、このGLP-1の分泌量を増やす方法があるのです。

いくつかありますが、今回、なぜこの鯖の記事で上げているのかというと、鯖こそ、このGLP-1
の分泌量を増やす食品だからです。

厳密に言えば先ほど紹介したAEPがこのGLP-1の分泌量を増やす物質なんですが、つまりは鯖で
す。

つまり、鯖を食べる習慣を持つだけで、自然と痩せやすい体質へと変わっていくということです。

ダイエット効果はかなり期待できます。

私自身、昔はかなりの肥満体だったのが運動や正しい食生活を取り入れることによって、ガラッと体格から変わってしまったのですが、その時にほぼ毎日食べていたのが鯖缶です。

 

今でも鯖缶を食べています。

 

缶詰というのは、保存性にも、即席性もあるので、買っておけば食べたいときに食べることができます。

 

それに、鯖缶には食品添加物が含まれていません。鯖をそのまま煮た物を缶詰に入れているため、余計なものは入っていません。

健康面に関しても、鯖缶は群を抜いて効果を発揮します。

鯖缶1つでタンパク質が約30g摂取可能

タンパク質と聞くと、スポーツや筋トレをしている人には馴染みのある言葉かも知れません。

鯖缶にはタンパク質がたくさん含まれています。まぁ、なんといっても、魚の肉、魚肉ですから。

このタンパク質は、私たちの体に、ものすごく良い効果をもたらします。

実は、現代の日本人のほとんどがタンパク質不足に陥っているという研究結果が出ています。

通常の場合、タンパク質の1日の推定摂取量は、体重1kgに対して、1gです。

つまり、60kgの体重のある人は、1日に60gのタンパク質を摂ることが望ましいのですが、今の
日本人には全然足りていないそうです。

タンパク質が体にどう影響してくるの?って話なんですが、

実は、私たちの体のほとんどはタンパク質で構成されており、爪や髪の毛、皮膚、血液、血管、臓器に至るまでもがタンパク質で構成されています。

タンパク質が体で不足するとどんな症状が起こるのか?

  1. お肌がザラザラになる。
  2. 爪が弱くなる。
  3. 元気が出ない、体調不良になる。
  4. 免疫力が下がり、病気しやすい。
  5. 体が浮腫む(肝臓機能低下により体内の水分が停滞)
  6. 精神状態が安定しない(セロトニン不足による)
  7. 疲れやすくなる。

とにかく、体は常にタンパク質を必要としていて、鯖缶はタンパク質をかなり摂取できる!という
ことを言いたいのです。

【全ての人に必要】プロテインに関する誤解を粉砕。タンパク質は摂るに越したことはない。

それだけじゃなく、青魚、鯖に含まれる有効成分は、体にとって非常に良いものです。

魚が嫌いではなければ、今日からでも摂り始めてほしい食品です。

まとめ

  • 鯖缶は体に良い。
  • ビタミンB12が超豊富
  1. 赤血球を作る
  2. 貧血の予防
  3. 貧血の改善
  4. 腰痛の改善
  5. 不眠症の改善
  6. 妊娠中や授乳中に必要
  • AEPDHAが両方鯖缶で摂れる。

AEP

  1. 血圧を下げる働きを持っており、心筋伷塞や虚血性心疾患、脳伷塞などの結構大きな疾患の予防
    が出来ます。
  2. 中性脂肪を抑制します。言うまでもなくダイエットに向いています。
  3. 免疫力向上機能もあって、丈夫な体を保つことができます。
  4. ドライアイ予防にもなります。

DHA

  1. 精神的に安定。
  2. うつ病の予防。
  3. 記憶力の向上能力。
  4. 免疫力の向上アトピー花粉症その他アレルギーに対する免疫がつくとされています。)
  • GEP-1により、ダイエット効果が見込める。
  • 缶詰だから保存も効くし手軽に食べられる。
  • タンパク質豊富でトレーニーにとっては必需品。

以上、鯖缶の凄すぎる効果について、でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください