「体重を落としたい」は根本的に間違っている。ダイエットの目的と正しい方法を確認してみよう!

以前にこのようなツイートをしました。

ダイエットに悩む人って、体重を気にしてしまっている人がほとんどだと思っています。

ダイエットの目的と正しい方法を知れば、体重はあまり気にならず、それよりも脂肪を落とすことに集中するようになります。

結論から言うと、ダイエットにおいて減らすべきは体重ではなく脂肪です。

順を追って分かりやすく説明していきます。

体重が減った良いとは限らない。

以前も今でも私はある程度まで絞ってはまた太る、を繰り返しています。

ダイエットの最適方法を発掘するため、そしてさらにダイエットに対しての知識を身につけるためです。

その中で、この写真をみてほしいと思います。

この二つの写真、もちろん取り方によりますが、どちらの方がいい体に見えますか?

(2枚とも同じ姿勢で撮っていればよかったのですが・・・)

8月のほうの写真のほうがいい体に見えますよね?でも体重では8月の方が重いのです。

普段の私の体重は77~80kgくらいです。

肥満体から脱退する時には、80~85kgほどあったのですが、そこから5年間、77~80kgで変わらないままです。

2枚目の写真のころの体重は75㎏です。

あらびっくり。  77kgより下回ったことはなかったですから、正直なところ驚きました。

筋トレもせず、脂肪をつけるために超高カロリーな食生活を送っていたのですが、その結果体重が減った。

理由は簡単にわかりました。

ただ単に筋肉量が落ちた。だけです。

つまり、体重だけ見ればダイエットは成功してるんじゃないですか?

筋トレを1週間やめて、暴飲暴食しまくった結果、体重ではなんと2kgも軽くなっていたのです。

この話を簡単に説明すると、筋肉と脂肪の重さの関係になりますが、筋肉が落ちて脂肪が増えた、この場合、仮に同じ1kgの筋肉と脂肪が減ったと計算しても、体重は減ることになります。

脂肪よりも筋肉の方が重いからです。

写真から見てわかる通り、体重を気にするダイエットはおかしいことがわかります。

なので、気にするべきは“体重ではなく見た目”という話になります。

脂肪を減らして、筋肉をつけていくことがダイエットの正しい方法

体重よりも見た目が大切だと言うことがわかっていても、実際に何をすればいいの?ということになりますが、結論から言うと運動習慣を持つことが一番の方法であり、簡単な方法になります。

そして、走るよりも筋肉トレーニングをすることの方がいいです。

ジョギング、ウォーキング等で健康的な効果を得られることも事実ですが、ダイエットという面においてはあまり効果がありません。

筋肉をつけることによって、体は脂肪を燃焼させやすい体へとなり、次第に脂肪は落ちていくことになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?体重を気にするのはもうやめにしましょう。

「これを食べたらまた体重が増えて・・・・」

こんなことに悩まされるのはもったいないことです。

その数字はあなたの体の総量です。その中にある脂肪さえ落とせば、見た目は変わります。

そしてなによりも運動習慣を持つことによって、健康でいられるし、体重はあまり気にならなくなり、何を食べるときにも躊躇したりすることはなくなります!

おすすめ記事:運動や筋トレを習慣化するコツと方法

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください