簡単に痩せる方法|ダイエットのワザ

今回は俺流ダイエットのワザをご紹介します。

最近から増量を始めて体重が以前より6kg増えてますが、今回紹介する方法で減量するつもりです(77kg→84kg)

本当に簡単なのでぜひ試してください。

基本的に説明も簡単にしていますが、実際にやるだけで効果は期待できます。

それではさっそく見ていきましょう!

運動は必要

「簡単に」痩せるためには、運動は必要になります。

「運動なしで痩せる方が難しい」って知っていましたか??

正直な話、上手な食事制限をしてカロリー、食材に気を遣って痩せようとする方がはるかに難しいことです。

なんせ健康的にも金銭的にも浪費してしまう可能性があるからです

運動なしで食事制限のみで痩せる←このリスクとどれだけ難しいか分かりますか?

運動は、「体を動かすこと」程度でも、激しい筋力トレーニング」でも運動

どの程度の運動をするかは、一人一人の段階がありますが、運動することは必要です。

そこで、運動する時にやっておくと脂肪がすとーん!と落ちるワザをご紹介していきますよ。

運動前にコーヒーとバナナ

【ダイエット】運動前の食事にコーヒーとバナナを摂ろう!苦しいダイエットに終止符を。

↑詳細はこちらに書いていますが、ここでは簡単に説明しておきます。

コーヒーは脂肪燃焼を促すため、運動15~30分前には飲んでおきましょう。

また、運動のパフォーマンス上昇にも繋がりますのでコーヒーは強い味方です!

運動前にコーヒー飲むことが簡単に痩せる要となっていますので、忘れないようにしてください!

ちなみにコーヒー飲むだけでは痩せません。また、コーヒーが苦手な方は濃い緑茶を飲むことをオススメします。

※コーヒーには利尿作用があるので、運動前に飲んだとしても水分を多めに補給するように

バナナは運動後に食べても問題ありませんし食べたほうがいいです。

ビタミンB群が豊富なバナナは、代謝を上げて消費カロリーを増やしてくれるので、運動前でも、運動後でも良い効果を発揮します。

運動の内容についてなのですが、ダイエット目的なら有酸素運動(軽い負荷で、長時間行なう運動)

がいいと思います。

なんならウォーキング、ジョギングでもいいです。

僕がよく紹介するタバタ式トレーニングは、この場合はあまり効果は期待できませんが、継続してするならダイエット効果は十分にあります。

どうしても運動する時間がない人には

「運動する時間が確保できない」あるいは夜に運動するからコーヒーはちょっと・・・」

という方には、昼間の仕事中にコーヒーを飲んでプチ脂肪燃焼を引き起こしましょう!

仕事にもよりますが、仕事でも体を使ったり、動いたりしますよね。

仕事中にもカロリーは消費されていて、そこにコーヒーのカフェイン+クロロゲン酸の効果が加われば、脂肪を燃やす効果は望めます!

僕は普段、介護やってますが、結構動くのでこまめにコーヒー飲みながら仕事してます。

それが理由ではなくて、コーヒーが大好きだからなんですけどね。

ずっとデスクワークの方で運動する時間がない、という方はタバタ式トレーニングしかない!と思います・・

筋トレなら下半身多め

意外かもしれませんが、ダイエットを目的とするならまず下半身の筋肉を鍛えた方がいいです。

もちろん、それ以外の部位もやっていただいて全く問題ありません!

体の中で一番大きな筋肉は、「太もも」です。

太ももの筋肉を刺激することで、カロリー消費量は上がり、基礎体温の上昇を狙います。

下半身の筋トレは、テストステロンを多く分泌させることがわかっており、このテストステロンは脂肪燃焼以外にも、多くのメリットがあるので、特に男性の方なら効果は絶大に狙えます。

また、ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれていて、重力に逆らって血液を押し流すポンプの役割を担っているのがふくらはぎの筋肉です。

この部分をしっかり動かす、鍛えることで血流も良くなり、デトックス効果、浮腫み改善、疲れにくいなどの効果があります。

これは簡単とは言えませんが、腹回りの脂肪を重点的に落としたいのであれば、タバタ式トレーニングで毎日細かい部位を分けた腹筋をすればいいでしょう。←これ、確実に痩せます!

食事はタンパク質多めに

一度に写真の量を食べるわけではありませんのでw

食事に関してですが、現代日本人の方の多くはたんぱく質が不足しがちです。

タンパク質は、筋肉の原材料にもなるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

プロテインパウダーがあれば手軽にタンパク質を摂取出来ますが、しっかりと食事で補うことも意識しましょう。

タンパク質といえば肉です。肉。

鶏胸肉やササミはもちろん、牛乳や卵、納豆といったものからも摂取できます。

 

簡単に摂れるオススメのタンパク質

鯖缶

プロテインパウダー

コンビニなどにある紙パックのプロテイン

サラダチキン

スルメやビーフジャーキーなどの乾物

ナッツ類

 

睡眠中は脂肪燃焼の絶好のタイミング

 

何より脂肪を燃焼させるタイミングは実は睡眠中なのです。

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、たくさんの働きを担っていますが、その一つに脂肪を燃焼させる働きを持っています。

他にも筋力アップ、疲労回復、美肌効果、脳機能の向上、そういったものは睡眠中にたくさん行われているものなのです。

坂本
夜更かしは太るし疲れるし肌荒れもするし頭がぼーっとする、というのを聞いたことがありますよね。それは睡眠で本来得られるはずの効果を得ることができていないために起こる体の不調サインってことなんすよ

この成長ホルモンをたくさん分泌させる方法が、寝る前のタンパク質の摂取です。

 

え、寝る前に食べると太るんじゃないの!?と思いますが、実はそうでもありません。

何を食べるか太ることも痩せることも左右することを覚えておきましょう。

夜食のすすめ

とは言っても、何を食べればいいの?という話になりますが、プロテインパウダーがあればそれでもいいと思いますが、別に必要ということではありません。

個人的には納豆をオススメします。寝る前の納豆は、痩せます!

 

他にも成長ホルモンの分泌を促す方法

寝る前に軽くストレッチをする

早めに寝る

電気を消して寝る

寝る前に携帯やテレビといったディスプレイは見ない

 

こう言ったことを意識すれば成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。

まとめ

実際にやってみると、僕の場合は3日目には明確に脂肪がなくなっている、ということを感じます。

筋トレやりまくってるので、筋トレをしていない人よりも代謝は高いので、より効果も出やすいのだと思いますが。

それと、ここに書いてことをすべて、一度に行なう必要はありません。

それは簡単ではありませんからね!

ただ、ここに書いてあることは基本的に明日、今日からでも始められるものしかありませんので、どれか一つからでも、続けてみてほしいと思います。

習慣化すればなんてことなくなりますよ、ほんとに。

また、他にもダイエットや健康関連の記事を書いてますので、気になるものがあればどうぞお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください