この記事は約5分で読めます。

たまごで食中毒になった時の対処法|下痢は止めずに吐くときは吐く

どうも、こんにちわ。

今回は私が卵で食中毒になった時に行った対処法をお伝えします。

生半可な気持ちでは生半可に加熱した卵を食べたとたんに下痢が止まらず吐き気もバンバンに出て、気持ち悪かったのですが、今回はそんな体験の中で見出した今回の記事!

どうぞ、これをお読みになられる方で今現在、卵かその他の何かで腹痛に苦しんでいる方へ、役に立てれば幸いです。

食中毒の原因と症状

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

たまごだけによらず食中毒によって下痢になる、嘔吐する理由は、食べ物の中に生きた菌が繁殖してしまって、それを体内に入れることで様々な支障をきたします。

細菌の名前や種類は数千、数万を超えるほどの数があるのですが、特に、卵の場合、サルモネラ菌という菌が繁殖し易いとのこと。

日本の卵は安全!というのを耳にしたことがあると思いますが、海外のたまごは衛生上、このサルモネラ菌に感染している場合がほとんどらしく、生で食べられるのはあり得ないほどのレベル。

出典元:たまごの名シーン【映画編】実は超キケンだった!?ロッキーの卵飲み!

坂本
生卵といえば映画のロッキーシリーズでは生卵を一気のみしているシーンなどがありますが、あれはかなり危険な撮影だったらしく、スタローン氏もかなり嫌がっていたとのこと。

なお、感染してしまった場合には

吐き気から始まり腹痛、次に下痢、発熱を伴う症状

が挙げられていますが、発熱以外は見事にこの過程を通りました。

正確には、例の物と思われる卵を食べた瞬間から吐き気を感じ、1時間後には下痢をしてから、その日は何を食べても食べている最中に下痢が起こるような状態でした。

ただ、日本の卵だから安全、というのは少し違うようです(体験済み)

賞味期限の切れたたまごはサルモネラ菌に感染している可能性が非常に高く、危ないのです。

また、他にも一度冷やしておいたものが常温になったたまご、その他生食品は衛生的には細菌に感染する可能性が非常に高くなるのです。

冷凍→解凍→冷凍→解凍を繰り返すだけでも、生ものは傷んでしまうので注意が必要です。

しっかりと加熱すれば大丈夫?

サルモネラ菌やその他の細菌は熱によって死滅させるのに少々時間がかかるようで、70℃以上の温度で1分の過熱をすることでほとんど死滅させることができます。

ただ、これはサルモネラ菌に感染している場合なので、すでに腐っている食品を加熱しても、他の細菌が生きている可能性が十分にあるので絶対に食べないように。

私の場合、たまごを電子レンジでチンしただけだったので、足りなかったのでしょう・・・。

腐っている物を食べたときには違和感がある

いつもそうなのですが、腐っている物を食べた時には違和感を感じます。

  • 鶏肉の時・・・生ゴミを食べているような風味、触感(食べたことないけど、そう感じた)
  • ヨーグルトの時・・・チーズケーキのような、ほのかな甘みというか、ふわっとした触感
  • 卵の場合・・・理科の実験や温泉で嗅いだことのある硫黄の臭い

これ以外にも的確な言葉では表せないような、いつもと違う違和感を感じたらすぐに吐き出すべきです!

口に入れたが、吐き出したということだけでも、十分にあの苦しみを回避する手段でもあります!

 

感染してしまった時の対処法

腹痛が起こり、下痢が続く原因は、腸内の悪玉菌の激増です。

悪玉菌とはサルモネラ菌もそうですが、腐った食品から摂った細菌が腸内で暴走しているのです。

体がその悪玉菌を排出しようとするため、激しい下痢や嘔吐を起こそうとするのです。

これを善玉菌で押し返すことができれば、腸内環境は整い、下痢やその他の症状は治まります。

下痢止めを飲むことは絶対にしない方がいいです。腸内の悪玉菌を体の外へ出す働きを阻止してしまうことになるので、下痢は止まっても悪玉菌は体内で繁殖し続けます。それよりも、排便によって体の外へ排出する方が良いです。

善玉菌を増やすのに最適な食品は、ヨーグルトです。

実は、最近私の周りの人たちもウイルス性腸炎にかかっていたようで、助言をいただいたところ、病院へいっても処方される薬はほぼ確定でビオフェルミンという薬。

腸内環境を整える、ヨーグルトにも含まれる乳酸菌の一種です。

「これ薬局で買ってヨーグルトと一緒に食べた方が良いよー」

と言われました。

やってみたらあら不思議です。その日の夜にヨーグルトと  を一緒に摂ると、次の日には下痢が収まりはじめ、2日後には完全に復帰!というか痩せた?とまで思っちゃいました。

ヨーグルトは一日200gが目安ですので、注意してください。適量が良いのです。

関連記事:【夜食】夜にヨーグルト食べたら体にいいので心配なく食べよう

周りの人々への感染を予防する

二次災害を出さないためにも、また皆さんの大切な人を同じ目に遭わせないためにもこれらの対策は必須です。

まず、手洗い、うがいは当たり前のことですが、

自分の使うコップや食器、すべてにおいて自分専用のものを心がけましょう。

いわゆる、間接キスと呼ばれるような行為はすべて避けましょう。

私の知り合いの一人は奥さんからのそれで感染したようです。

食事中の何気ないやり取りの中で、感染が広まらないように注意が必要です。

また、インフルエンザのような空気感染はないものの、マスクを着用することが感染予防のために有効です。

最後に

もしも、ヨーグルトと   を一緒に摂っても、一向に良くならない、あるいは寒気や震え、その他の症状が出た場合には、病院へ診察へ行ってみることを強くお勧めします。

腸内が人間の体へ及ぼす影響はものすごいです。

もしもいつまで経っても良くならない場合には、早めに医師の相談を頼りにすることが一番です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください