超重要!!〇〇習慣を持っていたらどうなった?

サポ&レポでは、あなたの生活に取り入れることで豊かで健康な人生を送っていただくための豆知識や情報を記事にしていますが、具体的に生活で取り入れることがない・・・。

めんどくさい・・・。すぐにやめてしまう・・・。   忘れてしまう・・・。そんなことってありますよね?

なので、習慣についての記事を書くことで、そんな方にとって少しでも習慣をつけるためのサポートになればいいな、と思い、この記事を書くことにしました。

今回、もしあなたが〇〇習慣を持っていたらどうなる?と考えていただきながら、読んでほしいと思います。

スポンサードリンク

「習慣とは」

習慣とは、weblio辞書ではこう書かれています。

① 長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まりのようになっている事柄。また、繰り返し行うこと。 「早寝・早起きの-をつける」 「悪い-」 「この目にて-せしことは、憶おもひ出して/西国立志編 正直」

② ならわし。しきたり。風習。慣習。

③ 〘心〙 学習により後天的に獲得され、繰り返し行われた結果、比較的固定化するに至った反応様式。

この記事ではの内容を中心的に取り扱うことになります。

そして、習慣に付け足すのなら、この場合は生活習慣という言葉が適切だとおもいます。

習慣とは、つまりは“生活の中で繰り返し当たり前のように行われていること”です。

よく聞くものから挙げるなら、

朝起きたら歯を磨くことは、ほとんどの人は当たり前のように行なっていることですが、これは習慣です。

布団を畳むことや、ベッドメイキングをすることもまた、当たり前のように行なっているならそれは習慣です。

1日三度、食事をすることも、当たり前のように行なっていますが、これは習慣です。

食後にコーヒーを飲むのが当たり前だという人がいるなら、それも習慣になります。

ある人は食後にタバコを吸って一服する人もいるでしょう。

決まった時間に昼寝をする人もいます。 あるいは食べてすぐに仕事に戻ることが当たり前の人もいますが、これらも習慣です。

毎日の早朝に、あるいは夜に、勉強をすること習慣になっている人もいます。

そして、それがあなたの人生を形作るものです。

習慣の結果を考える

もし、歯を磨く習慣がなければ、頻繁に歯医者へ通う事になり、お金もかかるし、時間も取られてしまいます。

美味しい食べ物も楽しむことができずに、常に痛みと共に食事をする事になるでしょう。

喫煙を習慣にしている人なら、将来的に癌や脳卒中、心筋梗塞などの病気になってかかる可能性が高くなり、生活の中ですぐに息切れしたり、歯は黄ばんでいくことになります。

食後にコーヒーを飲む習慣を持っているなら、コーヒーの効果によって、リラックス効果や、その後の作業効率が上がったり、コーヒーに含まれるポリフェノールによって、便通が良くなり快便になります。

何かを勉強する習慣を身につけていれば、行きたい志望校への合格へ繋がりますし、時間をかけて英語を話せる様になったり、ビジネスで成長したり、仕事においてのスキルアップを手にすることができるでしょう。

習慣とは、人生を形成する上での、最も重要な歯車なのです。

取り組み

私たちの生活の中では、やった方が良いことと、やらない方がいいことがたくさん転がっています。

これは行動において、だけでなく私たちが考えている思考に対してでも、同じです。

良い習慣、悪い習慣の例

良:行動

  • 早寝早起き
  • 運動
  • 貯金
  • 予習や復習、また個人の自習

良:思考

  • 前向きな思考
  • 感謝なことを見つける
  • 自分に悪を行なった相手をゆるす
  • 他者への尊敬の念

悪:行動

  • 喫煙
  • 毎日飲酒
  • 夜更かし
  • 二度寝

悪:思考

  • ネガティブな思考
  • 不平不満
  • 他人の愚痴、粗探し
  • 責任転嫁(誰かのせいにする)
  • 恨み、根深い憎悪
  • 差別、偏見、見下し
  • ダメだ、と分かってはいるもの。

 

それを改善しようとしないことはありませんか?

私にも悪習慣と分かっていても続けていることはいくつかあります

これから改善すべきことですが、改善すべき、またはした方がいいと知っていながら、それをしないことって、とても損だと思います。

だって、長期的に長い目でみれば、それが原因で、成せなかった事が出てくるかもしれません。

タバコをやめてその分のお金を計算すればとんでもない額になります。

2日で1箱=450円。  1ヶ月で約15箱=6750円。 一年間で約182箱=81900円

このくらいが貯金できる計算になります。

1日500円貯金をすれば、1ヶ月で約15000円  一年で150000円

先ほども書きましたが、あなたが勉強する習慣を持っていれば、英語やその他の言語を学び、資格や何かの免許を取れば 幅の広い職種を扱えるようになり、日本だけでしか生きられない、という狭い世界を崩します。

最近流行りの仮想通貨や、FX、アフィリエイトなど、怪しいと言われがちのネットビジネスでも、これらに時間を掛けて学ぶのであれば、新しい収入源が見つかり、それに向かって行動を起こすきっかけになるかもしれません。

今やっている仕事の勉強をすれば、スキルアップして出世、あるいはもっと良い部署に就けることに繋がるかもしれません。

運動する習慣があれば、体もスリムに、あるいはたくましく保ち、向上させていくことが当たり前になります。

そして、何よりあらゆる生活習慣病の予防にもなり、健康面においても益を得ます。

テレビやスマホを見ている時間をあなたの将来のために使うことは可能ですか?

あなたの生活の中で、無駄にしている時間、お金を使ってこれからのために有益な習慣を身につけることは可能ですか?

あなたの時間を、良い習慣を持つことに費やすなら、その習慣は力となり、あなたの人生を大きく変化させるでしょう。

実は、習慣には2つのタイプがあるのです。

  1. 思考習慣
  2. 行動習慣

様々なサイトで、習慣とは自己啓発の根本のようなものである、と言われて重要視されていますが、実際、その通りなのです。

ですが、そのメカニズムなどの説明をされても、体験的に知っていなければ、なかなか腑に落ちてきません。

それらは別記事にまとめて、別の機会にお話出来たらいいな、と思っています。

1、思考習慣

思考習慣とは、つまりは自分のクセやパターン、いえば良いでしょうか。

分かりやすく言えば、ある状況のある環境下で、無意識に思ってしまうこと・・・ってありませんか?

それがあなたの思考習慣です。

ある状況、環境の中で想定出来る例を挙げるとこうなります。

ある状況、環境で出てくる悪い例良い例の思考

・起きた時

(・・・・まだ寝たい)  (あとちょっと・・・・)    (またダルい1日が始まった)

(とりあえず起きて歯を磨こう)   (新しい1日!やったるぞ!) 

・仕事や学校の始まる前・・・

(あぁ・・・めんどくさい・・・しんどい・・・。早く帰りたい)

(・・・よし、やるか!)  (今日はどれくらい出来るかな?)  (頑張るぞ!

・食事の時

(なんだ・・これあんまり好きじゃないんだよなー)    (これを食って昼寝(次の予定)して・・・・)   (こんなものじゃなくてアレが食いたいなぁ)

(食べられることに感謝!作ってくれた人にも!)    (ありがたいなぁ)    (これはどうやって作られている?材料は?調味料は?)

・怒られた時、指摘された時

(うるせー!ぶっ◯すぞ!)   (あぁーめんどくせー)    (俺は悪く無い。こいつの方が出来てない、悪い)    (またやってしまった・・・やっぱり自分はダメなんだ・・・)

(失敗、失敗。どんまい)    (次はどうすれば良いかな?)   (これがダメだったか。気をつけよう)

・寝る前

(あんなことしたいなぁ・・・)   (こうなりたいなぁ・・・・)   (このままずっとこんな感じで成り行きの人生か・・・・)    (生きることに疲れた)

(よく頑張ったぞ!自分よ!)    (アレがしたい、こんな風になりたい、じゃ!どうすればいいかな?)   (今日、アレコレが良かったな!明日も良いことあるぞ)       (明日はこれをしよう)

実は、ある状況、環境の中だと、考えることはある程度パターン化します。

それが自分の中で当たり前になればなるほど、自分の行動や言動も、その思考的習慣に左右されたものになります。

つまり、上記で書いたように、習慣的に、否定的なことを考えている人は、発言も否定的、行動も消極的や否定的になったりするのです。

同じ行動をしても、心が違うだけで、結果も、意味も変わってきます。

つまり、思考的習慣は、良い方向に考える、感謝なことを見出す、というところにかかってきます。

「そんな思ってもないことを思うなんて、自分の心に正直じゃない!」

本当にそうでしょうか?それはあなたの心に、すでにその状況、環境に対する思考的習慣が出来上がっているので、そう思うだけであって、何を感じたかは、そこまで重要ではなく、どう思うか、どう感じるか、ということに、気を配るべきなのです。

「だりぃ・・・」  「めんどくせー」とか言っているのがカッコイイと思われる年頃もありますが、それは自分の人生に、自らが制限を掛けているのと同じなのです。

今の日本では、自分の心に素直になることが美化されて、表現の自由を取って色んな想いや考えが多様化と思われるようになっていますが、自分の心で感じたものとは、自分の心の目(感性や考え方)で見たものが映っているだけに過ぎないのです。

心の目、とは感性や考え方ですが、これらが何で培われるかというと、自分が今まで聞いたもの、見たこと、思ったこと、感じたこと、経験したこと、これらが積み重なって得たものですが、大抵の場合、1日の流れがそこまで大きな違いはない為に、繰り返して考えたこと、感じたことが、あなたの思考的習慣となるのです。

少々、難しいことを言いましたが、要するに、良い事や自分がやるべき事に対しての否定的な思い、というのは自分の人生にとってマイナスである、ということです。

もし、あなたに否定的な思考的習慣があるからと言って、がっかりしないでください。

人というのは、否定的なのです。

(根拠はしっかりとありますが、その話はだいぶ先になるかもしれません)

あなたが知らぬ間に頭に染み込んでしまった否定的な思考的習慣がある原因は、あなたの見てきたもの、聞いてきたもの、身近なものにありますが、だからと言って、人のせいや自分は悪くない、ということは出来ません。

思考的習慣とは、ある状況、環境の中で培うことが出来るからです。

ただ、常にある原則としては

・前向き、ポジティブ

・感謝、尊敬

これだけです。あなたの生活の状況、環境の中で、この2つの入った思考的習慣をつければ良いのです。

心が付いていかない・・・。そんな時には自分に「なぜこれが感謝なことなのか?」とか、「わざわざ否定的に思う必要もないんじゃない?」と問いかけてみることです。

これらを習慣化することによって、確実に言えることは、あなたの人生にとってプラスになります。変化は内側から起こります。

 

前向きな思考習慣を身につけることで、自然と思考がこのように出来上がります。

  1. ストレスが減る。
  2. 心に余裕が出来る。
  3. 心の状態に敏感になる。
  4. 物事をはっきりと見定めることが出来る。

スポンサードリンク

2、行動的習慣

行動的習慣も同じく、状況、環境によって身につくことがありますが、この分野は1番で説明した思考的習慣が大きな影響を与えています

あの有名なマザーテレサの言葉にこういうものがあります。

“思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。”

あまりに有名な言葉なので、聞いたことがある方もいるかも知れませんが、これは非常に的を得た名言です。

マザーテレサの言葉の通りに沿っていけば、行動よりも前に、何が大切なのかというと、思考です。

まぁ、マザーテレサはこの言葉を“習慣”というものに当てはめてはいないようですが、要するにこれは習慣化に至るまでのプロセスであると言えます。

習慣とは、思いの中で行動となったものが、繰り返し行われることによって、習慣化する、ということです。

例えば、痩せたい!と強く思ったので、毎日走るということを決めて、実際に走ってみる、ということが、思考の中の思いから、行動が生まれているということです。

しかし、これが毎日、当たり前のように続けられるかというと、そうではないことは、十分承知してますよね。

あることを習慣化するには、少しばかり努力が必要なのかもしれません。

私たちはこうなりたい、こんな風になりたい!という思いはありますが、それを繰り返し考えるだけでは絶対にそこに到達することはありません。

実際に行動しなければ、何も変わりません。そして、行動することによって、自分の思考も変化して成長したことが明らかになり、積み重ねていき、それが習慣化するわけです。

なので、行動的な習慣は、思考的習慣から生み出されてくる、ということです。

結論

・毎日ストレッチをする

・毎日勉強をする

・毎日500円貯金をする

・毎日風呂に入る

なぜそうするのでしょうか?理由があるはずです。

健康のため、将来のため、何かあった時のため、清潔にするために、これらの行動が積み重なり、習慣となったはずです。

特に理由もなく毎日やっていることは、それは無意味なものです。

その時間、労力を、自分の人生に役に立つことに使ったほうがいいです。

まず、やってみることが大切。

まず、やってみることが大切です。

「どうせ続かないし」    「3日坊主で終わる」

続くか続かないか、は何かをする前においては、問題ではありません。

まず、それをやってみることが大切です。それをやらないと、続けるか続けないかの選択肢もありませんから、まず、1歩踏み出してやってみること、これが全てです。

どのくらいで習慣が身につくの?

こちらの記事では、習慣が身につくまでどのくらいの期間が必要なのかを説明しています。

ぜひ、これらのことを踏まえて、あなたの人生を豊かに送ってください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください