【全ての人に必要】プロテインに関する誤解を粉砕。タンパク質は摂るに越したことはない。

ほとんどの人は、「プロテイン」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、その中でも多くの人がプロテインが何であるかを知らずに、ただ友人やテレビから聞いた誤った知識だけを聞き、プロテインに対して誤解をしている人が多く見られます。

プロテイン「protein」とは、タンパク質です。

今回、プロテインに関する誤解を尽く粉砕していこうと思います。

スポンサードリンク

プロテインはスポーツ選手やボディビルダーのためにあるという誤解

プロテインを飲む人は、ほとんどの人が筋トレをしている人です。
そして、プロテインのパッケージを見ると、必ずと言っていいほどムキムキの男性の筋肉が出てきます。

この地点で、もうすでに買う人にとっては
「あぁ・・・こんなムキムキになれるわけないし、なりたくもない」

「プロテインはこういう人たちが飲むもの」

という認識がされてしまうのですが、実際はそうではありません。

人の体は65〜70%が水分で出来ていて、残りのほとんどはタンパク質で20%以上の割合を占めています。

そして、タンパク質が体から不足すると私たちの体は様々な支障が出てきます。

たんぱく質が不足するとこうなる

タンパク質が不足すると
お肌がザラザラになる。
爪が弱くなる。
元気が出ない、体調不良になる。
免疫力が下がり、様々な病気にかかりやすい。
体が浮腫む(肝臓機能低下により体内の水分が停滞)
精神状態が安定しない(セロトニン不足による)
疲れやすくなる。

こんなことになります。

特に日本では、偏った食生活の方が多く、うどんやそば、ラーメン、コンビニのおにぎり、弁当、などで済ませる人が多いため、多くの人がタンパク質不足に陥っている可能性があるのです。

プロテインを飲むことは、アスリートや筋トレをしている人だけではなく、一般の人にとっても健康的な栄養素なのです。

プロテインは太るという誤解

「プロテインを飲んでいる」というと、みんな口を揃えて“太る”とか、“運動し続けないとダメ”とか、どこから聞いたのかも分からないデマを信じ込まされているのが分かります。

プロテインは太りません。

そりゃ、馬鹿みたいにプロテインばかりを摂れば、太る原因になるかと思いますが、そのくらいは飲めないと思ってください。

しかし、ご飯でも、何でも、食べ過ぎれば太るというのは当たり前のことです。

3大栄養素1gあたりのカロリー数はこのようになっています。

  • タンパク質1g=4kcal
  • 炭水化物1g=4kcal
  • 脂質1g=9kcal

そして、体に脂肪が付くおもな原因糖質(炭水化物)脂質の摂り過ぎです

糖質は体の主力エネルギーですが、余分なものはグリコーゲン(貯蓄燃料)として蓄えられ、これが使われないと脂肪へとなります。

脂質は、1gあたり9kcalもあるので、唐揚げ2人前を食べた地点で、カロリーオーバーは免れないでしょう・・・。

逆に言えば、糖質と脂質の摂り方さえコントロールすれば、脂肪は落ちるのです。

プロテインは筋肉だけでなく体全体の原材料なので、摂った方が良いに決まっています。

プロテインを飲めば筋肉が付くという誤解

プロテインを飲むと筋肉がつく!というのも、誤解の1つです。

筋肉の原料はまさにprotein「タンパク質」だからです。

「筋トレしないと意味がない」← こんな分かりきった話はスルーします。

タンパク質が消化吸収される過程では、タンパク質→アミノ酸→ペプチド・・・etcと言った分解される過程を経ます。

肉を食べてそのまま筋肉になるのではなく、一旦、全て分解してから体が吸収するのです。

この過程において、必要な栄養素が糖質•ビタミンB群•その他ミネラル•必須アミノ酸(体内では作り出すことのできない栄養素)が必要になってきます。

タンパク質を効率的に吸収するにはタンパク質だけを摂っていても効果がほとんどないのです。

最近のプロテインではタンパク質以外にも、効率よく吸収するための栄養素が配合されているものが多いです。

しかし、プロテインとは、あくまで健康補助食品ですので、本気で筋肉を付けたい方はしっかりと肉や魚、栄養のあるものを食べましょう。

プロテインは自分には必要ないという誤解

言い換えると、「タンパク質は自分には必要ない」ということも言えます。

先ほども書きましたが、タンパク質が不足すると様々な支障が生まれます。

お肌がザラザラになる。
爪が弱くなる。
元気が出ない、体調不良になる。
免疫力が下がり、様々な病気にかかりやすい。
体が浮腫む
精神状態が安定しない
疲れやすくなる。

プロテイン(栄養補助食品)は必要なくても、タンパク質は必要です。

健康的な生活がしたい人でも、ダイエットする人にとっても、プロテインは積極的に摂りたいものです。

実は、proteinという英語は、ラテン語から来ており、「最も重要な」とか「第1の」といった語源から来ているそうです。

プロテインの重要さを、あの時代の人々は分かっていたのですね。

スポンサードリンク

プロテインは高いと思っている誤解

これは誤解というよりも実際に有名なプロテインは1kgで5000円を越すものがあり、これだけ見るとはっきり言って高いです。ぼったくりですよ、これ。

しかし、今のご時世、便利なもので、ネットショップなどを見ると品質、価格ともに素晴らしいものもあるのです。

筋肉のパッケージや小細工なしで、無添加、無香料のものもあります。

その商品はニチガという会社のプロテインです。

〇mazonさんが審査を通してくれないので、アフィリエイトなしで宣伝します。

プロテイン購入ページはこちらから(画面右側にホエイプロテインと書いてあるリンクで他の種類を購入することができます。

3kg約5000円!!

製法や種類によっては3kgで5000円を切るものもあります。

3kgのプロテインがあれば、1日一杯(20g)飲んでも、

3000(3kg)÷20(一杯あたりの目安のg)=150

1日一杯で、3kgだと150日間持ちます。

僕は1日に2、3杯をスプーンでごっそりと入れて飲んでいます。

他のプロテインと比べたらかなり安いので量をケチることもせずに飲んでいます。

この商品のレビューを見ると、筋トレをしていない人たちも健康のために飲んでいるようで、幅広い年代の方々が愛飲されています。

この機会に、プロテインをデビューするのもありですよ。

ただ、味は甘くないので、はちみつを混ぜることを強くお勧めします。
その理由はこちらで解説しています。

健康に良いはちみつとプロテインを混ぜて飲むと効果がえげつない。

まとめ

プロテインに関する誤解、いかがでしたでしょうか?

気になること、間違っていることなどあれば、コメントにてご指摘ください。
今後のために参考にさせていただきます。

最後に1つ、言いたいことがあります。
最近の広告で、「HMBはプロテインの20倍!」とかどうのって言っていましたが・・・。

あんな詐欺紛いなことをしてプロテインの価値を下げるような宣伝の仕方は、好きではありませんね。

僕の尊敬しているボディビルダーのサイヤマングレイトも同じことをYouTubeの方で言ってくれていたので、嬉しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください