【プロテイン】痩せるのに最適なプロテインはソイではなくホエイ

こんにちわ!

今回はダイエットにはソイプロテインよりもホエイプロテインの方が良いことをお伝えしていきます。

ソイプロテインの売り文句としては「健康に良い」ことや「ダイエットに向け!」などと言われていますが、科学的根拠を見るとダイエットには向いていないことが明らかになっています。

むしろ、ホエイプロテインの方がダイエットに向いていることが明らかとなっているのです。

その解説をこれからしていきますので、是非お読みください!

なぜダイエットにソイプロテインはダメなのか

 

ソイプロテインとは植物性タンパク質のことで、主に野菜、豆類が主体のタンパク質を凝縮したものです。

ソイプロテインは腹持ちが良く、ダイエットに向いているなどと言われておりますが、腹持ちはよくても実はダイエット向けかと言われれば、そうではありません。

そもそも、ソイプロテインを摂るとイソブラボンと呼ばれる成分が女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されることになりその結果、脂肪が合成されやすい体の状態になってしまいます。

脂肪を燃焼させるのに重要なのは男性ホルモンのテストステロンす。

テストステロンとは筋肉トレーニングをした段階で、多く分泌されるので、運動していること自体、脂肪を燃焼させる効果がありますが、

特に運動後にソイプロテインを摂ると、男性ホルモンが減ってしまうのでダイエットにソイプロテインは向いていません。

せっかくトレーニングをしたのに、そこにソイプロテインを摂ることでダイエットの要素をことごとく邪魔してしまうことになります。

どうしてもソイプロテインが飲みたいという方がいれば、朝食に摂るようにすれば、昼食まで腹持ちは保てます。

植物性たんぱく質を食品から摂る分には問題ない!

ソイプロテインはダイエットにはオススメはしませんが、植物性たんぱく質を全く摂ってはいけないということでもありません。

納豆ブロッコリー、ナッツ系に含まれる栄養素には、確実にダイエット効果のあるものが含まれています。

関連時期:夜食に「納豆」は美容・ダイエット・健康効果が増大の最強食

ブロッコリーでいえば、肝臓の働きを助ける効果があります。

 

また、ブロッコリーやカリフラワーやキャベツにはエストロゲンを減らして、テストステロン生成へのマイナス要素を抑える働きがあるので、積極的に取り入れていきたい食材でもあります。

「タンパク質」という栄養以外にビタミン、ミネラルが豊富な食品から植物性たんぱく質を摂取することはダイエットに最適です。

ですがソイプロテインとなると、摂取できる栄養は植物性たんぱく質のみなので、これだけを摂ることは先ほども言った通り、脂肪が付きやすい状態になってしまうのです。

なので、植物性たんぱく質の含まれている食品を避けることはせず、ソイプロテインは辞めてホエイプロテインを飲む、ということを知っていてください。

ホエイプロテインのここが良い!オススメのプロテイン

一方でホエイプロテインには女性ホルモンの分泌を促すような効果はなく、純粋に筋肉を成長させる作用をもっています。

ホエイとは乳清のことで、牛乳から取れる成分です(ヨーグルト食べる時によく見る透明の液体)

むしろ、筋肉を刺激させることで脂肪燃焼効果のあるテストステロンが分泌されるため、ダイエットにはホエイプロテインが向いています。

オススメのプロテインは最近ではマイプロテイン一択ですね。

安いし高品質を売りにしていてイギリスにある海外プロテインです。

余談ですがプロテインを日本で買うのはコスパが悪いです。

多くのトレーニーの方は海外のプロテインを使用しているのです。理由は値段と品質のバランスが日本より海外のプロテインの方が良いからです。

 

色んな種類があるのでぜひとも見ていてください!

myprotein プロテイン一覧

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ダイエットにはソイプロテインよりもホエイプロテインが向いています。

これは、ダイエットだけでなく筋力アップを目指す方にとっても、そうなのです。

ですが、何事もバランスが重要で、過度に植物性たんぱく質を避けて食品まで制限しないように気をつけてください。

せっかくプロテインを買って、たんぱく質を摂るなら、ダイエット効果が大きいホエイプロテインを使ったほうがいいに決まっていますよね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください