食べないダイエットは絶対にダメ!痩せない体質の辛さ、悩みを解消する方法

 

今回は痩せない悩みを持つ人が、誰もが考える「食べないダイエット」はダメということと、どうやったら痩せられる?という方法についてお話ししていきます。

痩せないからといって「食べないダイエット」は絶対にダメ

脂肪を落とすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるようにすればいいのは、明白です。

しかし、摂取カロリーを減らしてしまうということは、体への栄養を補給しないということです。

確かに脂肪は落ちるかもしれませんが、これでは体が弱り、怪我はするわ、治りにくいわ、病気にもかかりやすい体になってしまいます。

以前に体重を気にするダイエットはやめといた方がいいという記事を書きましたが、食べないダイエットも同様、いやそれ以上に体に負担をかけてしまいます。

それに、筋肉もなくなり、内臓も代謝機能を失ってしまうので、結果として消費カロリーも減るため、食べないダイエットをすることは健康のためにも絶対にやめましょう。

 

食べないダイエットはやってはいけない理由

健康的に何も良いことはない

↪怪我もしやすく、治りにくい

︎↪病気にかかりやすい

︎↪精神的にも悪化傾向へ

すぐにリバウンドする

 

食べ物で体質を改善する

ではどうすれば良いのか?それは食べ物で体質を改善することです。

体質とは、遺伝的な要素も大きいですが、私たちはそこに対して何もすることができません。

ですので、環境的な要素によってのみ、体質を改善することを考えましょう。

【体質の環境的な要素】とは、食べ物、飲み物、生活習慣、睡眠・・と言ったものです。

食べ物によって体質が改善できるのでしょうか?  それは可能です!

栄養素をしっかりと見極め、ビタミン、ミネラルを考えた上での食生活は体質に影響を与えます。

炭水化物・脂質・タンパク質のバランスを考えて、炭水化物(糖質)を少し減らし、タンパク質を少し多めに摂るようにしましょう。

タンパク質といえば肉です。肉!

一応、言っておきますがタンパク質は太りませんよ!

【全ての人に必要】プロテインに関する誤解を粉砕。タンパク質は摂るに越したことはない。

 

そして、様々な栄養素を摂ることで、意図的に得たい効果が得られるようになります!

例えば、鯖缶ダイエットは有名ですよね?鯖に含まれるEPAがGLP-1というホルモンを分泌させ、脂肪燃焼に大きく効果があるというダイエット法です。

朝食なら、パンより米。おやつならお菓子よりもナッツ系やバナナといったフルーツ類・・・そうすることで、確実に体に対しての影響は変わってきます。

個人的にオススメなのが、朝食にはバナナを食べることで、意図的に脳内に幸福ホルモンを分泌させてかなりハイになって一日を始めることができます(笑)

また、体質を改善させるのにかなりの効果を発揮するのが納豆です。

納豆に関連する記事はこちらに書いていますが、はっきりいってその辺のダイエットサプリよりも大きな効果を持つ食べ物だと思っています。

ダイエットだけではなくて、美容、生活習慣予防、便通改善、男性なら活力、女性なら鉄分や女性ホルモンの分泌を促す・・・鯖缶までとはいきませんが、かなりの栄養食です。

 

痩せない体質なのは、今までそのような生活習慣の中に生きてきたからです。

なので、そのリズムを変えないと、痩せることは難しいように思うかも知れません。

でも、 まず出来ることとして、食べ物から変えていくことをオススメします。

 

このブログには、食事や習慣に関する色々な情報を連載していますが、ぜひ、それらをお読みになって気になるものがあれば、挑戦してみてほしいと思います。

食事に気を使い、運動を習慣にすればどういうことになるのか、次お話ししますが、これは突然起きるわけでも、なれるわけでもなりませんが習慣の力、継続によってそれらは可能になります。

食べた方が痩せる体質への近道(運動必須)

太るのは食べているからじゃないの!?食べることが痩せる体質への近道ってどうゆう事!?

もちろん、太ってしまう最大の理由は、食べた物のカロリーが多すぎて脂肪になるのですが、「代謝機能」がカギとなります。

「代謝」という言葉は、「体の循環、サイクル」のようなもので、体の歯車と考えてください。

運動を習慣化することで、この歯車は以前よりも早く、強い力で回るようになります。

もちろんそれにはエネルギーが必要になってくるのですが、食事で摂ったエネルギーもこの歯車の動力源として使われてより歯車が強くなるのです。

ビタミンやミネラルを摂れば、体の代謝を上げることが出来るので取ったほうがいいんです。

そして、何よりも、運動することで、体はエネルギーを多く必要とします。

この時に、しっかりとした食事を摂れていれば、内臓はそれを消化するのに強くなります。

筋肉も、内臓も普段から使うエネルギーの量が増え、何もしなくても消費カロリーが大きくなるのです。

体をこの状態へ持っていけば、痩せないどころか太らない状態を作り上げることができます。

とは言っても、私がこの状態に至るまで、ハードな筋力トレーニングを幾度となく続けてきたから、なんですが・・・実をいうとそんな必要はありません。

「運動する習慣をつけること」これが一番大切なことです。

やり方や強度、そんなことよりも継続することが、痩せないことからの解消へ繋がります。

なので、気軽に、「これまでの自分とちょっと違うことをしよう」という気持ちでいいのです。

 

具体的な方法

野菜を最初に食べる

寝る前にスマホを見ながらでもストレッチする

日中、運動中にコーヒーを飲んで脂肪燃焼を狙う

夕食以降の夜食はバナナヨーグルト納豆を食べる

1日に4分でもいいから運動する

運動後にはタンパク質を摂る

起床後と就寝前には水を多めに飲む

 

痩せない辛さは分かります。私も以前は腹が出てむくんだ顔で悩み、それでいてビールを飲み続け体に悪いジャンクフードを食べ続けていたものです。

痩せるわけないわwと今では思います。

ですが、習慣の力を知り、経験した今、言えることは続けることの結果は凄まじい!

継続は力なり。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください