タバタでダイエット効果はあるの?答えは「YES!いいや、それ以上です」が注意すべきことも

僕はタバタ式トレーニングをやり始めてから4年以上が経ちます。

5年近くもやっていれば、知識や気付きが増して、これはオススメ出来る!というものが出てくるわけです。

最近になって自分のやっていたタバタは正統なものではないことを知りましたが、これもまた経験の1つ。

それまでの間で色々なことが得られたので、記事にしてまとめようと思います。

今回は、タバタ式トレーニングダイエットについて見ていきます。

Are you ready?5.. , 4… , 3,2,1 GO!!

「タバタ式トレーニングは痩せる」は明らかに説明不足

大前提として知っておくことは、タバタ式トレーニングを開発した田畑教授はタバタをやってダイエット出来るとは明確には公言されておりません。

つまり、ダイエットのためのトレーニングではないのです。

(ページを閉じないでください!しっかりと説明しますm(_ _)m)

タバタ式トレーニングで脂肪や体重が減ったというデータはありますが、それはタバタ式トレーニングの効果で体がより動くようになった結果、痩せることに繋がるとのことです。

少し考えてみてください。

『コーヒーを飲むと眠れなくなる』

本当ですか?  

「はい」と「いいえ」どちらも言えますよね。

このフレーズは明らかに説明不足で、夜にコーヒーを飲めば眠れなくなる」ということですよね?

朝にコーヒーを飲んでも、夜にはぐっすり眠れます。

コーヒーを飲むタイミング、時間帯を徹底解説!生活で必ず使えるコーヒー術

これはカフェインの話になりますが、この話は置いておいて、

『タバタ式トレーニングは痩せる』ということにおいても、これだけのフレーズだと勘違いします。

しかし!!

私もタバタで痩せた、というか肉体改造を実現した1人です。

タバタ式トレーニングをした部位は24時間燃焼し続ける

画像を参考にしていただければわかると思います。

実際にやってみるとわかりますが、タバタをやった部位を触ってみると高温になっていることがわかります。

これは代謝量が上がってトレーニングが終わったその後もカロリーが消費され続けている状態です。

代謝が上がることでカロリーがいつもより消費され結果として、痩せやすい体質になるということです。

※「代謝が上がる=脂肪が燃焼する」とは厳密には違います。

つまり、腹回りの脂肪を落としたいのであれば、腹筋を使ったタバタ式トレーニングを週に2、3回すればいいのです。

最低でも6週間続ける必要がある。

タバタ式トレーニングの効果はこちらで解説していますが、ダイエットの効果を実感するにはそれなりに期間がかかります。

なぜなら冒頭でも話したように、タバタ式トレーニングはダイエットのために考案されたものではないからです。

しかし週に2、3回タバタをする習慣を身に付ければ、体の代謝量は以前の数値よりもかなり高くなります。

代謝量が増えると

  • 何もしていない時の消費カロリーがアップ
  • 体の自己洗浄機能が向上してデトックス効果
  • よって浮腫みも改善
  • 痩せやすい体にもなり、結果として痩せる。

 

1回4分週に3回ですよ?(ウォーミングアップやクールダウン入れて30分くらい)

超重要!!〇〇習慣を持っていたらどうなった?

まとめ

タバタ式トレーニングはダイエットが可能ですが、それ以上に素晴らしいことは、代謝量が上がり、体も活発になりより動けるようになることで「太りにくい体質」にもなれます。

太りにくい体質や痩せやすい体質というのは運動だけではなく、生活習慣によって大きく加速させることができます。

コーヒーを運動前に飲むとダイエット効果を加速させパフォーマンス向上にもなる

このサイトの多くの記事で、それらをご紹介していますので、是非ともお見逃しなく!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください