【※手遅れになる前に】糖尿病を心配して食事に気をつけているならやっておくと良い予防習慣

 

日本で増え続ける糖尿病。肥満大国でもない日本で、なぜここまで糖尿病が蔓延しているのか?その理由についてはこちらで説明しているとして、

どうすれば糖尿病を予防できるのでしょうか?

糖尿病だけでなく、食生活の乱れからくる生活習慣病にかからないために、何をできるでしょうか?

何を食べるべきで、何を避けるべきか、それを見極める目を身に付ける方法を話していきます。

あなたが健康であることは、あなただけでなく、あなたに関わる大切な人にとっても、それは重要な事なのです。

手遅れになる前に、対策を練りましょう。

商品の成分表示覧を見る癖をつける

 

これは食品の裏面か、側面に書かれているものです。

生肉や魚には表記されていないものもありますが、基本的な食品はこの一覧を表記することを義務付けられています。

これを習慣化することで3つのメリットが生まれます。

 

成分表示覧を見る癖をつけると

1、意識的に健康に悪い食品を避けることができる

2、総カロリーの数値、炭水化物、タンパク質、脂質などの栄養バランスを意識することができる

3、食べ物や健康に対する意識だけでなく、“調べる、確認する”ということにおいて強くなる

 

どこに目をつければいいのか、具体的に何を見ればいいのかを順を追って説明しましょう。

1、意識的に健康に悪い食品を避けることができる

日本で糖尿病が増えている一つの理由は、まず食品添加物にあることは確かです。

法律によって、成分表示の義務があるので、どの食べ物にどんな添加物が含まれているかを見ることは食べる側の責任でもあります。

この成分表記覧を見る癖をつけて、添加物に関する情報をある程度知っておけば意図的に健康被害のある食品からは離れることができます。

専門的な知識は必要なく、変な名前の成分には目が止まると思いますので、その添加物について調べればいいだけです。

一般的に広まっているヤバい添加物はこちらで紹介していますので、どうぞお読みください。

名前からしてヤバい食品添加物 ご紹介

添加物の影響によって糖尿病が引き起こされる危険性については、上の記事で証明されています。

また、添加物にも相性などがあり組み合わせによっては発ガン性、糖尿病のリスクが上がってしまう危険なものもあるのです。

何が添加物なのか?ざっくりと申し上げますと、カタカナ表記の物はほとんど添加物です。漢字とカタカナの成分もほぼ添加物です。

総カロリーの数値、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質などの栄養バランスを意識することができる

糖質の摂りすぎが糖尿病の最大の原因だ、とも言われていますが、成分表記の覧を見る事で自分の体に取り入れる栄養をチェックすることができます。

糖質の制限はもちろん、バランスの良い食事を心がけることができます。

手遅れになり、医者に半強制的に食事制限をされる前に自分で栄養管理を行うことは、あなたにとって重要な責任の一つです。

「エネルギー」に書かれている数値は、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質をまとめた総kcalのことで、エネルギーを確認したら次に見るのはこの3つのものです。

炭水化物(糖質)1g・・・・4kcal

タンパク質1g・・・4kcal

脂質1g・・・9kcal

そして、糖質こそが糖尿病の一番の原因になるわけですが、アルコールはまず控えるべきです。

糖質食べ物でも、飲み物でも多く摂りがちになってしまう栄養素で、この調べる、確認するという一手間があなたの意識を高めてくれるでしょう。

例えば、「お酒を飲む日には、ツマミは低糖質、低脂質、高タンパクを心がけよう」とする意識が持ちやすくなれるようになります。

揚げ物スナック菓子はもちろんのこと、避けてくださいね。

一つ言えることは、お店で外食をするときなどは、そういう細かい部分を確認することはほとんど出来ません。

しかし!この成分表記の覧を見る習慣が完全に身についてしまえば、食べ物を見たときに何となく、カロリーだけでなく栄養素の分析まで出来てしまいます!

これは不思議なことで、感覚的な要素が多いのですが、健康のための意識“ということにおいては、非常に大切なことです。

また、こちらのツールを使えば、より正確に近いカロリーと栄養素を見ることができます。

何を、何gで総カロリーはいくらで3大栄養素、またビタミンやミネラルまで知ることができる便利なツールです。

※必ずしも正確とは限りませんので、参考までに。

3、食べ物や健康に対する意識だけでなく、“調べる、確認する”ということにおいて強くなる

実際にこの習慣を持つようになって、分かったことが、気になることがあったら何事も調べる癖がついたということです。

元々気になることがあれば、調べる人であるなら、必然的に身につくものではありますが、まだこの癖のない人にとってはこれからの人生に大きな力を発揮するかも知れません。

話題からは逸れてしまいますが、成功している人の多くは本を読む、人の話を聞く、分からないことがあればすぐに調べるという共通点があるそうです。

その成功者の素質とも言える調べる癖を、この成分表記の覧を確認することを通して身に付けることが出来るということです。

もし、あなたが健康に気を使うならなおさらのことで、糖尿病について、予防について、治療について、健康について調べていくことが大切だと思います。

ただ、商品の裏を1分ほど見れば良いのです。そこに書かれてあることを読み、自分の体と相談する習慣を身につければ、体に対しての意識が変わります。

要するに健康志向になれるということですね。

一度身に付けばまず面倒とも思わなくなり、しかも食事や健康だけでなく、人生においてどの場面でも有効となる目を養うことができますよ。

是非試してください。

手遅れになる前の糖尿病対策まとめ

商品の裏に書かれている成分表記覧を見る癖を付ける。これだけで3つのメリットが生まれます。

1、意識的に健康に悪い食品を避けることができる

2、総カロリーの数値、炭水化物、タンパク質、脂質などの栄養バランスを意識することができる

3、食べ物や健康に対する意識だけでなく、“調べる、確認する”ということにおいて強くなる。

この習慣は糖尿病だけでなく、多くの病気への対策、また健康への取り組みに対して非常に有効です。

糖尿病が多いこの国で、一人でも多くの方が意識して食生活に取り組んでいただくことを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください