【水分補給】運動前後、ストレッチ前後、マッサージ前後は大切なタイミング

水を舐めてはいけない。飲みなさい。

水を飲むことは健康な生活を送るのであれば、切っても切り離せない関係にあります。

特にこのタイミングは大切!というのが、運動前後(筋トレ含む)、ストレッチ前後、マッサージ前後の水分補給です。

水分が担う体の中での役割

“水”は体の中で重要な働きを行なっています。

健康のために今からできること【朝起きたらまず水を飲む】

朝と夜の水分補給もとても重要なので、是非こちらもチェックしてみてください。

そして、この3つのタイミングで水を飲むことがどのように大切なのかについてお話ししていきます。

・体温調整

体の体温調節は水によって行われています。

エネルギーを代謝するのには糖分が必要ですが、水もまた必要なのです。

ですので、水分を摂ることは代謝を上げて体温を上げることにつながるのです。

体が体温を下げるときには水分を排出します。

汗を掻くのは、上昇した体温を下げるために行う体の仕組みです。

排尿をすると体温が2℃ほど下がります。

山で遭難した際には排尿もしない方が良い、というのは体温を保つためです。

 

・老廃物の排出は水によって行われる

運動後に体内で発生する疲労物質である“乳酸”を溜めないようにし、疲労緩和や、筋肉痛の予防が出来ます。

それだけでなく、水が体内へ循環することにより、基本的な老廃物が排尿によって取り除かれ、便秘気味な方でも、このタイミングで水を飲むことで改善されることもあります。

運動前に水を飲むことはパフォーマンスの向上に繋がります。

そしてマッサージやストレッチ前に水を飲むことでそれ自体の効果を高くして、疲労回復になります。

運動後、マッサージ後やストレッチ後は、普段の時よりも体の血行の良い状態です。

この状態で体内に余分な水分量があると、体の中の不要なものを、排尿によって取り除くことができるのです。

自分でも、誰かにやってもらっても、あなたの体はマッサージによってほぐされ、凝っていた部位は柔らかくなっているのです。

凝っていた原因は筋肉の緊張や疲れによって、硬直状態だったのですが、それゆえに老廃物が溜まっていたのです。

気持ち良くマッサージを受け、血行が良くなってもその老廃物がまだ体の中に流れているとなると・・・気持ち悪いですよね?

汚物を体から出すために、運動、マッサージ、ストレッチ前後に水を飲みます。

運動後に関しては、私たちは思っている以上に水分が失われていることが多いため、多めに飲むことを意識してください。

運動前 パフォーマンス向上、集中力アップ
ストレッチ・マッサージ前 体の循環を高めてストレッチ・マッサージ効果をグンと引き上げる。
運動後 失われた水分を補給、乳酸を体から流しだし疲労回復
マッサージ・ストレッチ後 溜まっていた老廃物を排出して体の内側から綺麗にデトックス効果

・筋肉の生成

水と筋肉の関係はとっても深いのです。

実は、筋肉量が多い人ほど、水を飲む量が多いということがわかっています。

一日にどれくらい水を飲む?

3L(食事から得る水分を含む)と言われていますが、私はそうは思いません。個人差がありますし、年齢や生活環境、によって変動します。

これはあくまでも最低限の話であって、これだけは必要であろう”と言われている量です。

もし一日3Lしか飲まなかったら、おそらく私は死ぬます

体の中から老廃物を出したりあるいは筋肉を生成するためには、さらに多くの水分を摂らなければなりません。

ボディビルダーの方は?

これを見ている方の中にボディビルダーを目指している人なんてまずいないと思います。

しかし、これらのことを見ると筋肉と水分の関係は重要であることを示しています。

加藤さんはYouTubeでこのように言っています。

 

 

7秒間で有名の北島達也さんはこのように言っています。

成功しているボディビルダーはとにかく水を多く飲みます。

1日に7~10リットルは飲む人がざらにいるのが現実です。

出典元:北島達也オフィシャルブログ ボディビルダーの一日の水分摂取量

 

これはボディービルダーの方が摂っている水分の量です。

体重(kg)

必要な水分量(リットル)

45~68

4

69~91

5

91以上

6

出典元:フィジーク・オンライン 水分補給と筋発達

水は飲みすぎたら病気になる!?

水中毒という言葉を聞いたことがありますか?

これは水を飲みすぎた場合に起こるものですが、頑張って飲んでもまず意図的に引き起こすことすら難しいとされるので、多めに飲んでも気にする必要ありません。

周りで急性アルコール中毒になったという話は聞くけれど、水中毒になったという人は聞いたことがありません。

私は発熱時、そして筋トレ強化期間中は水分を1日に10L飲んでいました(マジです)

しっかりと電解質のバランスも気にしてポカリやアクエリアスを挟んでいました。

水分を多めに摂る時には、ミネラルや電解質の摂取にも気を配っていただきたいのですが、糖分の摂り過ぎにも気を付けてください。

もちろん、飲めない時は飲めませんので、無理して飲むことは避けてください。

まとめ

水は生命にとって欠かせないものであり、健康のためにも、無くてはならないものです。

水分補給のタイミング

運動前 パフォーマンス向上、集中力アップ
ストレッチ・マッサージ前 体の循環を高めてストレッチ・マッサージ効果をグンと引き上げる。
運動後 失われた水分を補給、乳酸を体から流しだし疲労回復
マッサージ・ストレッチ後 溜まっていた老廃物を排出して体の内側から綺麗にデトックス効果

日本は水が豊かな環境に恵まれているため、その恩恵を忘れてしまいがちなのですが、添加物たっぷりの清涼飲料水や、砂糖の大量に入ったジュースなんか飲むよりも、水を飲んだ方が、体には良いのです。

寝る前にすべきこと【水を飲むことの重要性】

水で体を綺麗に、そして美しく、強く!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください